第一回!!電子マンガのノウハウ 『モアレについて』

こんにちわ!!
ウィズコミック所属作家兼、広報部のひいろげっかです!!

漫画家を目指している人
デジタルにはあまり慣れてない人
マンガは書いているけれど、そんなによくわからないことがある。

そんな人たちに、お届けします!

本日はいろんなところでもう出尽くしたこの話題。

『モアレ』についてお話していきますよ!

モアレってなんぞや?



『あいつ、モアレてね?』

『やばーい、あの子超モアレてない?イケてる!』




はい

そんなまつ毛盛れてるみたいな使い方するような言葉じゃございません。



では、『モアレ』とは?

簡単に言うとこうです!
貼り付けたトーンが、作家の意図しない模様に見えてしまう事。

新規キャンバス

こーんな感じです。
もしこれがキャラの髪の毛とかに起っちゃったら・・・・

読者『これめっちゃ目チカチカすんだけど、気持ち悪い』

と言った具合に・・・相当見づらいことになるのです・・・・。


では、『なぜモアレは起こるのか?』

ウィズコミックはデジタル書籍なので
デジタル書籍の前提でご説明いたします。

データの拡大、縮小
トーンの重ね貼り
トーンを貼ったアナログ原稿のスキャン



などが主な原因として挙げられます。
では、どうして駄目なのか?


『データの拡大縮小はなぜいけないのか?』

データを拡大や縮小をすると、カクカクになってしまわないように
色の間を中間色で補う作業、アンチエイリアスが行われます。

新規キャンバス
これが元のデータ

dgfdgsgfklhly.jpg
これが拡大したものです。

無理に拡大をしたので、黒と白だけではなく、灰色があるのが分かりますね?
これがモアレのもとになります。

無理な拡大、縮小はやめましょう!!



お分かりいただけましたでしょうか?
では次へ!


『トーンの重ね貼りはどうしてだめなの?』

これはもう、最初に出した画像である程度の方はお分かりですね。


20151228143247246_20151228152800373.jpg

もう何も言うまい・・・・。

いや、言いますけど←
形の違う粒が固まって、あたかも違う模様のようになってしまうのですね。

もちろん使うトーンによってはうまくいくこともあります。
ですが、こうなってしまうリスクは非常に大きいのです。
トーンの重ね貼りはできるだけやめましょうね!


では、今度は

『どうしてトーンを貼ったアナログの原稿を
スキャンしてはいけないの?』



うーん、こちらはちょっと語弊があります。
正しく言うと、

綺麗にできることもあるけど、設定や使い方、
スキャナーによっては上手くいかないことがあるから
スキャナーについてよく分からないなら
トーンを貼ったアナログ原稿のスキャンはしないほうがいい


という事です。


実際、同人で印刷所に頼むときは、アナログ原稿を郵送で送ったりしますよね。
そちらでも勿論スキャンはするわけですが、
プロですから、どうすればモアレにならないかはちゃんと分かっているわけです。

だから、トーンを貼ったアナログ原稿はスキャンせずに送ってくれ
という印刷会社があるのですね。

だから、スキャンについてよくわからない・・・という人は

1.スキャンの設定について
細かく解説しているサイトを探して勉強する

2.研究してスキャンの設定をいじくりまくる

3.諦めてペン入れの工程を済ませた
原稿をスキャンし、トーンはデジタルで貼る



はい、以上が解決策となります。


ちなみに、ウィズコミックは1コマ1コマを表示していくタイプと、
ズームなどはせずに全体を表示するモードの二つがあります。

このズームは言ってしまえば拡大、縮小に似通った部分があります。
なのでズームしている際にトーンが貼ってあると
時折目の錯覚が起こるのですね。

なので、





私はトーンはほぼ使いません!!!
(ぶっちゃけデジタルでトーンを指定する暇が面倒くさいです)

は、はははは、いやいや、申し訳ありません。
勿論!トーンを使用して、とても美しい原稿を作成している作家様もたくさんいらっしゃいます!

最近はデジタルの進出でトーンの使用、
不使用がより自由な感じになってきていると思いますね。
結論、トーンは極めれば使っても使わなくてもよいのです!!

ささっ、そこのあなたもウィズコミックで
漫画家になってはいかが?


~追記~

ウィズコミックでは、アプリの動作適用によって、
モアレが発生することがあると上記でご説明いたしましたが、

「もう貼っちゃったよ!!どうすればいいの?貼り直し??」

という方もご安心ください。
コミックスタジオを例にご説明をさせていただきます。

2階調線画にトーンを全部張った状態で、
最後の『書き出し』の設定を変更します。

1. 通常通り書き出しを選び、『グレースケール』で書き出しにする

2. 『トーン設定』にて『すべてグレーにする』を選ぶ


はい!!
そうするとドットがなくなり、トーンとしての質感は消えますが、
モアレが発生することはなくなります。

ドットを残したい場合
すべてグレーにする以外を選べば大丈夫です!

どうぞ、一度お試しあれ!

コメント

非公開コメント

プロフィール

wizcomic

Author:wizcomic
ようこそ!
ウィズコミックは世界中の人々に
日本の作家様の作品を読んで頂くべく
コミックアプリを開発をしています!

あなたの書いた漫画を
海外の人々に読んでもらいませんか?

世界に羽ばたく漫画家さんたちを
募集しています!!

メールフォーム

カウンター

ご来訪ありがとうございます

検索フォーム