添削依頼 葉恩様 『女の子 集合絵の添削2』

サラ「ご案内」
サラ
『こんにちわ!ウィズコミック案内係のサラです!』

げっか「へらへら」
げっか
『こんにちわ、ウィズコミック所属作家兼
広報部のひいろげっかです!』


サラ「おしゃべり」
サラ
『今日は前回の葉恩さんの
ラブライブのイラストの添削の続きですね!
前回をご覧になっていない方は
こちらから記事をお読みになってくださいね!

http://wizcomic.jp/blog-entry-53.html

げっか「へらへら」
げっか
『はい、今回は背景の書き方。
ただしい背景の考え方を
なんとなく理解してもらいます!』


サラ「呆れ」
サラ
『はあ、ずいぶんざっくばらんですね』

げっか「フッ」
げっか
『ん?クソ小難しい本から引用した
文章をつかって解説してほしいのかね?』


サラ「焦り」
サラ
『・・・・いえ』

げっか「フッ」
げっか
『実際問題、背景は慣れなんだよ。
理解はとりあえず中途半端で
いいから実践が大事だ。

みんな新しいスマホの
使い方が分からないのを
実践でなんとかするのと同じだよ』


サラ「呆れ」
サラ
『は・・・はあ』


vwjwtOde_09.jpg

げっか「へらへら」
げっか
『この添削画像でとまっていましたね。
何が問題なのか・・・・』


サラ「おしゃべり」 
サラ
『ほんと気になるところで切りましたもんね
で、何が問題なんです?』


げっか「くわっ」
げっか
『それは、これだ!!』


vwjwtOde_10.jpg

サラ「焦り」
サラ
『あ・・・!』

げっか「フッ」
げっか
『わかったかね』

サラ「焦り」
サラ
『こ、このパースはどこから出したのですか!!』


げっか 「だんまり」
げっか
『手すりだよ』


vwjwtOde_11.jpg

げっか 「だんまり」
げっか
『つまり何が問題かというと
かなり遠近法がきつく、
水平線がかなり上にあるという点だね。

そうするとどうなるかというと
このように背景にあわせると
実際はかなり上から人物を見ている
計算になるということなんだ』


サラ「困り顔」
サラ
『な、なるほど・・・難しいですね』

げっか「へらへら」
げっか
『こういうのは正確に覚える必要はないけど、
こういう風になりかねないってことを
しっかり考えてみてね!』



vwjwtOde_12.jpg

サラ「困り顔」
サラ
『というと・・・?』

げっか「フッ」
げっか
『かがんでる子がアイレベルに
顔が届いてないのは屈んでるからだろ?
ほかの同じ位置にいる女の子は同じく
アイレベルに目の位置が大体あっているんだ

だけど奥の子は目線の高さにお尻がある。』


サラ「焦り」
サラ
『あっ』

げっか「フッ」
げっか
『君はいまだかつて自分の目の高さに
尻がある人類など子供のとき以来
遭遇したことがあるかね?』


サラ「困り顔」
サラ
『・・・ないです』

げっか「へらへら」
げっか
『だからあの子は段差のある場所にいる
ということになるんだよ』


サラ「呆れ」
サラ
『なるほど・・・』


vwjwtOde_13.jpg

げっか「へらへら」
げっか
『一応このアイレベルを使って
背景をささっと描くと
こんなかんじになります』


サラ「ぼけー」
サラ
『ほ、ほお??』


げっか 「だんまり」
げっか
『でも背景を良く分かっていない人には
とりあえず実に初歩的なボックスを使った
背景の原理を図解だけお見せします』



背景01

サラ「困り顔」
サラ
『さ、さすがにこのくらい・・・』

げっか「フッ」
げっか
『おう、描いてみたまえ』

サラ「へたれ泣き」
サラ
『・・・』

背景02


げっか「へらへら」 
げっか
『こういう風になっていたんだよ。
この×マーク。消失店にあつまる形でね。』



背景03

サラ「おこる」
サラ
『しっ、しってましたよ!!』

げっか 「だんまり」
げっか
『まあ、実に初歩的な図形の描き方だ。
背景というのはこれの組み合わせなのでね
これがまず分かっていれば
いろんなことに応用が利きます』



背景04

サラ「おしゃべり」
サラ
『おお、こういうものを描くときは、
水平線の上に×マークをもうひとつ増やすんですね』


げっか「へらへら」
げっか
『そうそう。一点透視とか二点透視とか
呼び方はいろいろあるけど初心者さんは
名前にこだわる必要はないから
とりあえず原理だけ覚えておこうね』



vwjwtOde_13.jpg

げっか「へらへら」
げっか
『さて、再びこの画像を見たわけだが、
いかがだろうか?』


サラ「おしゃべり」
サラ
『なんとなく理解できたような気がします』


げっか「フッ」
げっか
『よろしい。イラストにおいて大事なのは
なんとなく理解した後足りないものを
埋め合わせていく作業だ。

この考え方は勉学でもつかえるよ
何よりも実践だ!』


サラ「呆れ」
サラ
『は、はあ・・・』



vwjwtOde_14.jpg

げっか「へらへら」
げっか
『まあ、こんな感じになるわけですが
これで大体の元のイラストに雰囲気をあわせた
添削が終了しました。』


サラ「おしゃべり」
サラ
『ん?まだあるんですか?』


げっか「へらへら」
げっか
『ああ、この後は

私ならこのイラストをどういう風に描くか

という再現です』


サラ「焦り」
サラ
『ええええ?!
今回そこまでやるんですか』



再現1

げっか「フッ」
げっか
『まずは今回みたいな背景の
意識の違いが出ないように
水平線の位置だけ決めておこうね。
スタンダードに中央に引いてみました。
なにも小難しく考える必要はないです。』


サラ「困り顔」
サラ
『ほ、ほう・・・でも最初はどこに線を
引けばいいのかよくわかりませんね・・・』



再現2

げっか「フッ」
げっか
『この水平線を元に、

水平線の上の顔は若干下から見ているように描き

水平線丁度くらいにある顔は正面から見ているように描く

水平線の下にある顔は上から見ているように描く


今回は顔の位置がそれぞれ違う3人なので、
この3つを意識してください。

もちろんハードに意識しすぎる必要はありませんが
ここで思い悩むのも理解への道です。
わからなくなったら何か写真を見るのが良いでしょう』



再現3

サラ「おしゃべり」
サラ
『ほ、ほう、だいぶイメージが
つかみやすくなりましたね?』


げっか「へらへら」
げっか
『女子高生なので、なにげに登校用のバッグなどは
描いたほうが雰囲気やストーリー性がでますよ。
今登校中、もしくは下校中なんだなっていう
雰囲気が出やすくなります。』



再現4

サラ「おしゃべり」
サラ
『お、ここでまた×マーク』


再現5

げっか「へらへら」
げっか
『ここで一番手がかりになりやすい
落下防止柵の線を描きます。』



再現6

サラ「ぼけー」
サラ
『おっ?!』


げっか「へらへら」
げっか
『ちょっとすっ飛ばしましたが、
こういう手順で背景を考え
描きます。』



再現7

げっか「フッ」
げっか
『再現はこれで終了です。
これから線画を整えたり
背景を書き込んだり大変な作業が始まります』


サラ「おしゃべり」
サラ
『な、なるほど・・・』


げっか「フッ」
げっか
『でもまずここに至るまでに
一番意識してほしいことがあります。』


サラ「ぼけー」
サラ
『なんでしょう?』

げっか 「だんまり」
げっか
『絵にドラマ性を持たせるように
設定を考えて描くことです。』


サラ「ぼけー」
サラ
『ドラマ性・・・?』


げっか「へらへら」
げっか
『たとえば、このイラストの場合。

下校中

一人海を眺める女の子
その脇を学校で見覚えがある、
または知り合いの女の子達が通り過ぎていく。

お互い挨拶をするわけでもないのですが
このときお互いの存在を意識しあっているのは
この手前の女の子一人と奥の女の子一人です。

ほかの二人は雑談やはしゃぐことに
夢中で気がついていません。


もしこの、目が合った二人が
次の日学校で正面から鉢合わせたら
会話をするでしょうか?

それともまたこの時のように
お互いの存在を意識しながら通り過ぎるでしょうか?

そんなことを考えながら絵を描くのです。』


サラ「呆れ」
サラ
『す、すんごい長い文章だったけど
なんとなく言わんとしていることはわかりました』


げっか「フッ」
げっか
『うん、長くてごめん
でも絵を描くときはこのくらい考えて
絵を描いたほうが、描いていて楽しいし
見ている人もどことなく気になるイラストになりますよ』


サラ「おしゃべり」
サラ
『なるほど!』


げっか「へらへら」
げっか
『それでは、今回はこれで終了です!』

サラ「ご案内」
サラ
『添削の依頼はメールフォームのほか
TwitterのDMでも受け付けています!!
@wiz_comic

コメント

非公開コメント

プロフィール

wizcomic

Author:wizcomic
ようこそ!
ウィズコミックは世界中の人々に
日本の作家様の作品を読んで頂くべく
コミックアプリを開発をしています!

あなたの書いた漫画を
海外の人々に読んでもらいませんか?

世界に羽ばたく漫画家さんたちを
募集しています!!

メールフォーム

カウンター

ご来訪ありがとうございます

検索フォーム