ペン先とインクとそのお手入れについて 1

サラ「ご案内」

サラ
『こんにちわ、ウィズコミック案内係のサラです!
みなさん、いかがお過ごしでしたか?』


げっか「フッ」

げっか
『サラちゃん聞いておくれよ、おじちゃんな、
お世話になってる漫画家さんとオフでカラオケしにいったら
めちゃんこ風邪引いて大変だったんだよ』

サラ「呆れ」 

サラ
『げっかさん、それ至極どうでもいい話です。本題に入りましょう』


げっか「へらへら」
 

げっか

『さぁ~さぁやってまいりましたよ!!
やってそうでやってなかったこの企画、
ペン先とかその他テキトーなものについて!!』

サラ「呆れ」 

サラ
(テキトーなものって何・・・?)

げっか「フッ」

げっか
『まずは基本的にそこそこ有名なペン先を紹介していこうか。
っていうか、私の手元にあるものしか写真はないけどね』


Gペン 
Gペン

スクールペン 
スクールペン

丸ペン 
丸ペン

サラ「おしゃべり」

サラ
『なるほど、よく皆さんつかってらっしゃるペン先ですね』

ガラスペン

げっか
『あとガラスペン』

サラ「焦り」 

サラ
『なっ・・・そんなオシャレで繊細なものマンガに使うんですか?!』

げっか「フッ」

げっか
『わたしにゃこれは使いこなせん。
ていうかほとんどのペンが私にはうまく使えません

サラ「呆れ」

サラ
『それはそれで大問題なんじゃ・・・』

げっか「へらへら」 

げっか
『いーのいーの、意外とペン先使い分けれない人って多いのよ。
たくさんのペン先を使いこなせたらそれはそれに越したことはないけど

一番大事なのはその人の手に合っていること。

手に負担をかけないもの
を使うのが一番なんだよ』


サラ「おしゃべり」

サラ
『なるほど・・・それもそうですね。』

(うわ・・・急にこの人がまともに見えてきた)

ペン筆跡比較 

げっか
『各自クリックして大きい画像にして、筆跡を見比べておくれ。』

サラ「困り顔」 

サラ
『お恥ずかしながら、私にはよくわかりません・・・。
どんな特徴があるんでしょうか?』

げっか「フッ」 

げっか
『その質問を待ってたんだぜ。
あくまでこれは初心者さん向けの記事だから、
私の感想を加えてできるだけ詳しく説明するよ!』


Gペン

Gペン

こいつはスタンダードだけど、なれるまではとんでもない曲者
’’いかに筆圧をうまく入り抜きできるか’’が非常に関係してくるので

どのペン先でも共通することだけど、これをすぐに使えるっていう人はあまりいないんだ。

最初は文字を書くことさえままならないし、
ちょっとしたことでペン先が引っかかったり、
力加減のミスでペン先が開きすぎたりしてインクがにじんでしまったり。

慣れるまではとにかく大変。
でも慣れればメリハリのついたとてもきれいな線が引けるようになるのが最大の魅力。
少年漫画を書く人なんかがよく使ってるね。

だけど、私みたいにすんごく筆圧が強い人にはお勧めできないよ!
使いこなす前に腕がおかしくなるから気をつけて!
別のペンを使いこなすことも視野に入れることをおすすめします。

サラ「困り顔」

サラ
『Gペンって使ってる人が多い王道のペンって感じだから、
全然そんなふうに思いませんでした・・・。
ペン先ひとつとっても、向き不向きがあるんですね』

げっか「フッ」 

げっか
『そうなんやで、好きな漫画家の先生が使ってるからって、
手に合わないものを選んでしまったら元も子もないからね。

まずはいろんなペン先をお試しセットみたいに購入して
使ってみるのが大事なんだよ

では、次は丸ペン』

丸ペン 
丸ペン

少女マンガのスタンダード。
筆圧が弱くて細かい描写が得意なひとにお勧めな一本です。
これ一本で細かい髪の毛の描写、背景など、
儚い世界観にマッチした線が引けます。

ただし、たまにペン先がカリカリと思い通りにならなくなることがあるのが難点。
そこも踏まえて使いこなせるようになれば、怖いものなしかもしれません。

げっか「へらへら」

げっか
『そしてこれまた、私のように
筆圧がなまら強いひと
には向かないんだなぁ・・・・。
使ってるとパキィン言って壊れそうになるからね』

サラ「おしゃべり」 

サラ
『げっかさんには繊細って似合いませんもんね、ププッ』

げっか「フッ」
げっか

『・・・さらっと毒吐かれたような気がするけど次行くよ』

スクールペン 
スクールペン

Gペンやかぶらペンに比べると強弱が出しにくいため。
メインで使用されることはほぼないが、
私のような筆圧がバカ強いひとには心強いペン先。

主に背景に使われるペン先ですが、
Gペンと丸ペンの中間といえば分かりやすいかもしれません。

全体がけっこう硬めに作られているため、ちょっとやそっとじゃ折れません。
私が通常使用していてペン先が変形しなかったのはこのペンくらいのものですね。

また、Gペンが苦手な人がなりやすい、
ペン先の力加減の調節のために肩に力が入る
といった腱鞘炎の原因になりうる問題も起こりにくいと思います。


げっか「へらへら」

げっか
『これが私の愛用するペン先、スクールペン様だ。

Gペンでぐにゃり、インクの大洪水をやらかし、
丸ペンでグニャリ、ペン先骨折をやらかした私に

唯一マッチしたまるで・・・

『ブルース・ウィルス』『ジェイソン・ステイサム』のような

タフガイなんだぜ』

サラ「呆れ」

サラ
『・・・・どちらもハゲてらっしゃいますよね?』

げっか「フッ」

げっか
『ただの禿げじゃないんだよ、かっこいいんだよ。
あれがいいんだ。』

サラ「呆れ」

サラ
『はぁ・・・』

げっか「へらへら」 

げっか
『ペン先の紹介は次が最後だね。』

ガラスペン ガラスペン

漫画家さんが使用するというよりは、万年筆などが趣味の人が
好んで手紙を書いたりするのに使用します。

ですが、あたたかみのある太めの線に魅了され、
漫画家さんでもメインで使用している方がいるようです。

使い方は鉄のペン軸とはちがい、
インクを落とす際にコンコンと音を鳴らすようにしてはいけません。
そもそもインクを落とす必要がないので、割らないように気をつけて使います。

サラ「おしゃべり」 

サラ
『なるほど、ペン先の種類とその特性については、
なんとなく私でも分かったような気がします。
では、その他のペンと、手入れの方法は?』

げっか「フッ」 

げっか
『すげぇ長くなっちゃったから次の記事に続くんだぜ・・・』

サラ「焦り」

サラ
『えええええええー!?』


次回 『ペン先とインクとそのお手入れについて 2』
【リンクをおまちください】

コメント

非公開コメント

プロフィール

wizcomic

Author:wizcomic
ようこそ!
ウィズコミックは世界中の人々に
日本の作家様の作品を読んで頂くべく
コミックアプリを開発をしています!

あなたの書いた漫画を
海外の人々に読んでもらいませんか?

世界に羽ばたく漫画家さんたちを
募集しています!!

メールフォーム

カウンター

ご来訪ありがとうございます

検索フォーム