クリケットボーイの表紙ができるまで2

サラ ご案内

サラ
『こんにちわ、ウィズコミック案内係のサラです!』


げっか「へらへら」
げっか
『ウィズコミック所属作家兼広報部のひいろげっかです。
さて、本日も前回の続き、表紙作成を進めていきますよ~

クリケットボーイの表紙ができるまで1 の続きです。』


サラ おしゃべり

サラ
『さて、今日はどんな感じの記事になるんでしょう!』



19.jpg 


げっか 「だんまり」 

げっか
『前回はこんな感じのところまで出来上がりました。
ですが、ソフトを切り替えた影響で背景エフェクトの
発光効果やリニア効果が解除されてしまいました。

なぜかというとソフトが違うので
多少フィルタの形式とかが違うからなんですね。
とりあえずそれはいったんおいておいて、

塗りが終わってからCLIPSTUDIO PROに移動してそれは戻します。』


サラ おしゃべり

サラ
『なるほど、じゃあ今回は塗りの過程ということですね。』


げっか「フッ」
げっか
『そういうことです。
とりあえずササッと塗ることを目的に作業していきます。』


20.png 

げっか 「だんまり」 

げっか
『ちょっとほかのソフトで作業をするために
Photoshop形式にすると出てくる問題です。
ソフトごとに形式が違うので、最初からPhotshopで作業しない限りは
こういった感じにフォルダがただのレイヤーになってしまうのです。

なのでまずこういった下準備がないと
ちょっと作業が混乱する場合があります。』


サラ ぼけー

サラ
『なるほど・・・』

21.png 


げっか「へらへら」 

げっか
『名前をつけずに適当に作業している人もおおいと思いますが、
今回はレイヤー少数でやりますが、
私も本気で描くと名前をつけても
わけが分からなくなる量のレイヤーを利用します。

そういったときに何のレイヤーだったか少し考えたり
表示非表示して分かる程度には整理しておく必要があります。
少なからず時間の節約にはなりますよ』


サラ ふーん

サラ
『なるほど、面倒くさがってつけていないと
後々大変になるんですね・・・』

げっか「へらへら」 

げっか
『そうそう、あるあるな話だけど、
100枚レイヤー越す人もいるから、要注意ね。』


22 
げっか 「だんまり」

げっか
『まずは簡単な下塗りをします。
最低限の陰影やグラデーションは
ここでつけておいたほうが良いでしょう。』


サラ ぼけー

サラ
『しないとどうなるんですか?』


げっか「へらへら」
げっか
『あとで無駄な手直しが増えます

サラ 焦り

サラ
『な、なるほど・・・』

23.png 


げっか 「だんまり」 

げっか
『色を塗るときはピンク系ほど可愛く見えるので、
女性は特にピンク系の肌色を使う人が多いです。
ギャルゲ塗りなどでもピンクの肌色が多いのはそのためです。』


24.png 

サラ ぼけー 

サラ
『先ほど話していた温感、ですか?』


げっか「へらへら」 

げっか
『そうそう、暖かそうな場所、柔らなそうな場所はピンクが濃いほうが良い。
とくに原色に近いほうがくすんだ感じがなくきれいに見えます。』

29


げっか 「だんまり」

げっか
『そういったところを踏まえて適当に塗り進めていくとこうなりますが
私がしたいのは厚塗りで、ササッとできるものです。

今回はアナログ線画を抽出して利用しているので
細かいことをする人であればさらに髪の毛や輪郭ごとに分けると思います・・・が』


サラ おしゃべり

サラ
『が?』

げっか「へらへら」


げっか
『私は面倒くさいことが大嫌いなので気が向かない限りやりません。
ということでそれは無視して線画の色をチェンジ、一気に結合して
上にひとつだけレイヤーを作成し厚塗りに強制移行します』


サラ 呆れ

サラ
『それだけ聞くと結構強引ですね・・・』


げっか「へらへら」

げっか
『うん、強引だよ。
もしイラスト単体の依頼ならパーツごとに色変えられないと
困るから決してそんなことはしないよ。』

サラ 困り顔

サラ
『な・・・なるほど・・・』

30

げっか「へらへら」

げっか
『線画の色を変えてさらに上にレイヤーを一つ作り、
さらに色を塗ったりしてそれらしく仕上げたものです。
ですが、このままだとまだまだ完成とは言えないので
続きの作業はCLIPSTUDIO PROで
発光、オーバーレイなどを行います。』


サラ おしゃべり 

サラ
『ほう』

12000.jpg 

げっか「フッ」  

げっか
『ごくごく簡単な塗りだけで終わらせた表紙ではありますが
一応コレで完成です。』


サラ おしゃべり

サラ
『なるほど、作業時間3~4時間程度だとこんな感じなんですね
今日はお疲れ様でした!

ちなみにこのブログでもっと手の込んだイラストの製作過程を
紹介する日はいつか来るのでしょうか・・・?』

げっか「フッ」

げっか

『ないな、あったとしてもマッチョのおっさんとか
絵柄が180度変わります。』


サラ 呆れ

サラ
『えええ・・・。』

げっか「へらへら」

げっか

『閲覧ありがとうございました、
また是非きてくださいね~』


サラ ご案内

サラ
『イラストの添削も相変わらず募集しています。
お気軽にお声かけくださいね!』

クリケットボーイの表紙ができるまで1

サラ ご案内
サラ
『こんにちわ、ウィズコミック案内係のサラです!』

げっか「へらへら」

げっか
『こんにちわ、ウィズコミック所属作家兼広報部のひいろげっかです。』


サラ おしゃべり
サラ
『今日ははじめての試みなんですよね?』


げっか「フッ」
げっか
『はい、私が作画を担当、ストーリーを社長が担当している
漫画、クリケットボーイの宣伝を兼ねて表紙作成過程を
ブログで紹介することになりました!』



1_2017051420441014d.jpg 

サラ おしゃべり
サラ
『おお、こちらが下書きですね』


げっか「へらへら」
げっか
『クリケットボーイの主人公の妹、
ヒロインといっても過言ではない少女、
セリナちゃんです。』


サラ ご案内
サラ
『今日はこちらが出来上がるまでをご紹介するんですね!』


げっか 「だんまり」
げっか
『ああ、といっても作成するのにいくつか手順があるから
今回では終わりそうもないよ。

とりあえずこんなかんじで利用もしない色鉛筆の陰とかは無視して
雑な鉛筆での線画から先に進むよ。
表紙といってもスピードが大事なのでそれほど時間はかけません。
かけても全体でだいたい3~4時間でしょうか。』


2_201705142044123b5.jpg 


サラ おしゃべり
サラ
『お、ちょっとすっきりしましたね。』


げっか「へらへら」
げっか
『ああ、線画自体は汚いけどな!
今回は厚塗りだけど線画をきっちりしてから
デジタルで色を塗りたいと思っているデジタル不慣れな方にも
使える線画抽出のやりかたをご紹介します。』


3.png 
サラ ご案内

サラ
『お、これがCLIPSTUDIO PROでの作業画面ですね』


げっか「へらへら」
げっか
『そうだ、使用ソフトのステルスマーケットお疲れ様だサラちゃん』


サラ 焦り
サラ
『してませんよ?!』


げっか「フッ」
げっか
『ハハ、ごまかすなよ、お金もらってんだろ?』


サラ 怒り
サラ
『だからそういうのは一切ないですって!!』


4.png 

げっか 「だんまり」
げっか
『さて、この線画を抽出する手順ですが、
まずはこの線画のレイヤーを選択し、
右クリックでこのようなメニューを開きます。


そしてレベル補正を選んでください』


サラ ぼけー
サラ
『ほう』


5.png 
げっか「へらへら」
げっか
『そうするとこんなかんじで操作画面がでてきます。』


jiyf,kjgki 
 
サラ ぼけー
サラ
『操作方法は意外と単純なんですね?』


げっか「へらへら」
げっか
『そうそう、私もコレを知らなかったころは
コントラストと明るさをいじってみたり、
スキャンするときにモノクロでやってみたりしたが
けっきょくガサガサになる現象がね・・・。
レベル補正でやったほうがやっぱりきれいで楽です。』


6.png 
げっか「フッ」
げっか
『こちらが先ほどの画像の手順に従って黒を濃くしたものです』

9.png 
げっか 「だんまり」
げっか
『そしてこれが白を強くしたものです。
つまみを引っ張りすぎるとこうして線画が白飛びしてしまいます。
ちょうどいいところで色合いを調整しましょう。』

10.png 


サラ おしゃべり
サラ
『これが中間をとった感じでしょうか?』


げっか「へらへら」
げっか
『鉛筆だとこんな感じになりますね。
完全に白黒にはなったりしませんが
やらないよりはとてもきれいになります。
ちなみに、インクで線画を作成したものなら
より白黒はっきりつきますよ』


11_2017051420442419f.jpg 
サラ ご案内
サラ
『こちらが今までの手順を済ませたものですね!』


げっか「へらへら」
げっか
『そう、だいぶ最初と比べると見やすくなっているでしょう?
だがコレで終わりではないんだ』


サラ 呆れ
サラ
『え?』


げっか 「だんまり」
げっか
『この状態だと、このレイヤーの下にレイヤーを
作成して色を塗ろうとしたところで塗れないんだ

レイヤーモード乗算で色を塗っている人も
中にはいるかもしれないので、ここで説明します。

*その前に追記です!このレイヤーはラスターレイヤーが
線画の上にひとつ作られている状態ですので、
線がのレイヤーと結合させてください!』



サラ 困り顔
サラ
『ほう』


sfdgsdgfsasfda.png 

げっか「へらへら」
げっか
『まずは下準備です。
書いてあるとおり、すぐに違いが分かるように
レイヤーをひとつ、一色で塗りつぶしておきます。』


dhgmjgsfgsfgsdfg.png 

げっか「フッ」
げっか
『そして上のメニューバーの編集→輝度を透明度に変換
これをするだけです。

すると・・・』


14.png 
サラ 喜び
サラ
『下地が透けました!!』

げっか「へらへら」
げっか

『そう、あとは色を塗っていくだけです。』

16.png  

げっか「フッ」
げっか
『とりあえず下地を適当に塗って
背景の雰囲気も適当に作りました。』

サラ 喜び
サラ

『これから本塗りですね!』

げっか「くわっ」
げっか

『そう、だが私は本塗りはCLIP STUDIO PROではやらない』

サラ 焦り
サラ
『え?!』

げっか「へらへら」
げっか
『という、ほかのソフトをまたがせる方法が
分からない人に簡単な方法を教えよう。』


サラ 困り顔
サラ
『ごくり』

17.png 
げっか 「だんまり」

げっか

『上のメニューのファイルから複製を保存を選び、
その中でも一番下の.psdを選ぶんだ。そして保存。
間違ってもそのひとつ上のビックドキュメントは選ばないこと。
対応してなくて開けなかったりするから』


サラ 焦り
サラ
『ほ、ほう?!違いが良く分かりませんが・・・』

げっか 「だんまり」
げっか
『大丈夫、私も良く分からん』

サラ 呆れ
サラ
『えええ・・・』

18.png 

げっか「へらへら」
げっか
『だがこうして無事にPainterに引き継ぐことができたぞ』

サラ ふーん
サラ

『それはPainterのステルスマーケットですか?』

げっか 「だんまり」
げっか
『ねえよ、金なんて一銭ももらってねえよ。
むしろ5万円出してこのソフト買ったんだよ』


サラ 焦り
サラ
『5万・・・?!』


げっか「くわっ」
げっか
『CLIP STUDIO PROのDL版の約10倍の値段だぜ・・・
ハハハ、もちろんPhotoshopよりは安価だが非常に使いづらい。
最近のモデルになってからフォトショのブラシにも対応するようになったから
書き味重視で安い方外いっていうんだったら買うのもありかもしれない。
だが高いので私はオススメしないのと、
ソフトは無料体験版を十分使いきってから買おうね・・・』


サラ 焦り
サラ
『は、はい』

げっか「くわっ」

げっか
あとこのソフト64bitじゃないと使えないし、
まあまあskyrimとかFalloutとかが使えるゲーミングPCでも重いです。

あとバグが多くてたまにスクロール動かせないしペンカーソルの円がのこります。
先ほどの画像を見ればカラーカーソル付近に複数確認できるでしょう。
PC環境が整っていてお金が有り余っている方は試せばいいと思います。

あと厚塗りしててクリスタのブラシでイライラしてる
アナログタッチお絵かき民にはおすすめです』


サラ 呆れ
サラ
『うわ、すごい不満が噴出してて
勧めてるのか勧めてないのか分からない』

げっか「へらへら」
げっか
『とりあえず今日はこれで終わりだよ!』

サラ ご案内
サラ
『次回は色塗りの続きですね!
閲覧いただきありがとうございました
添削も引き続き募集しておりますので
お気軽にTwitterからお問い合わせください!』

添削依頼 くるみ様 『肩の位置とアングルについて』

サラ ご案内

サラ
『こんにちわ!ウィズコミック案内係のサラです!』


げっか「へらへら」 

げっか
『ウィズコミック作家兼広報部のひいろげっかです』


サラ おしゃべり 

サラ
『本日はくるみさんからの添削依頼ですね!』


げっか 「だんまり」

げっか
『そうそう、大変遅くなり申し訳ありません!』


C7nn2tDVAAAZoDM.jpg 

サラ 喜び

サラ
『素敵なイラストですね!』


げっか「くわっ」
げっか
『さて、そんなにおかしなところは無いといえばないけど
今回も分かりやすくをモットーに解説して行こうと思います』


C7nn2tDVAAAZoDM_1 

サラ おしゃべり

サラ
『恒例の線画なぞりと頭身測定ですね』


げっか「フッ」 

げっか
『そうそう、まずは自分の絵がどういう風になっているのか
ということを認識してもらうための線引きです』


C7nn2tDVAAAZoDM_2 

サラ ふーん

サラ
『・・・・?どこか変ですか』


げっか「フッ」

げっか
『まあまあお待ちなさいな』


C7nn2tDVAAAZoDM_3 
サラ 困り顔

サラ
『あれ・・・?』


げっか 「だんまり」
げっか
『ちょっとバランス悪いでしょ?』


サラ 焦り
サラ
『ど、どういうことでしょう』

C7nn2tDVAAAZoDM_4 
げっか 「だんまり」 

げっか
『だいぶかわっちゃうけど、大体このくらいがウェストの太さなのね』


C7nn2tDVAAAZoDM_5 
サラ ぼけー
サラ
『あ・・・こころなしか安定感が・・・』


げっか「へらへら」 

げっか
『そうそう、おっぱいをつけたときの安定感もちがうのよ』


C7nn2tDVAAAZoDM_6 
サラ ぼけー

サラ
『・・・?これは?』


げっか 「だんまり」 

げっか
『ちょっと説明が分かりづらいかもだけど、
ちょっと肩を落としたいからとついつい下に
書きすぎてしまう人は多いと思うけど、
それほど位置は変わらないって言うのが現実なのね』


サラ ふーん 

サラ
『ほ、ほう・・・』


 
zC7nn2tDVAAAZoDM_7 

げっか「へらへら」
げっか
『こちらも雰囲気の解説だけど、
紫の線がもともとの肩周りをトレースして、
頭とかを新しく描いたんです。』


サラ ぼけー
サラ
『・・・斜め上から見てるかんじですね?』


げっか 「だんまり」
げっか
『そう。肩の描き方でここまで雰囲気に差が出るのは
遠近感やアングルの問題があったんだ。
真横から見るものは真横から、
斜め上から見るものは斜め上から、
ちゃんと観察しておかないと変になっちゃうからね』


サラ ご案内
サラ
『なるほど、本日の添削は終わりです!
ありがとうございました!
添削のご依頼はTwitterでも受け付けています。

お気軽にお問い合わせください!』


@wiz_comic

プロフィール

wizcomic

Author:wizcomic
ようこそ!
ウィズコミックは世界中の人々に
日本の作家様の作品を読んで頂くべく
コミックアプリを開発をしています!

あなたの書いた漫画を
海外の人々に読んでもらいませんか?

世界に羽ばたく漫画家さんたちを
募集しています!!

メールフォーム

カウンター

ご来訪ありがとうございます

検索フォーム