自分だけの資料をつくろう!!

サラ「ご案内」 

サラ
『こんにちわ!ウィズコミック案内係のサラです!』


げっか「へらへら」
げっか
『ウィズコミック所属作家兼広報部のひいろげっかです』

サラ「おしゃべり」 
サラ
『本日はどんなお話を?』


げっか「へらへら」
げっか
『うん、ズバリ絵がうまくなるために心得ておきたい”一番大事なこと”だよ
今回は初心者さんといまいち上達が進まない中級者さん向けのお話なんだ』


サラ「おしゃべり」 
サラ
『なるほど』


げっか「フッ」
げっか
『さて、皆さん絵を描くときは何を一番大事にしていますか?
サラ君答えたまえ!』


サラ「焦り」 
サラ
『え、ええええ?私絵がかけないっていってるのに・・・
ええと、げっかさんがよく言っているのは
楽しんで描く、ってことですよね?』


げっか「フッ」
げっか
『そうだね、それも大事だね。
うまくなるにはまず絵を書くことが好きであることが第一条件だから。
でもみんな絵を描くことが好きだから、上達できなくて悩んでるわけだね』


サラ「困り顔」 
サラ
『そうですね』


げっか 「だんまり」
げっか
『だからそのためには何が一番大事かと言う話を今回はしていくよ。

私はよくこういった言葉を耳にします』


サラ「ぼけー」 
サラ
『ほう?』


げっか「フッ」
げっか
『”うまい人は何も見なくても描ける”』

サラ「ぼけー」 
サラ
『・・・そのとおりでは?』


げっか「へらへら」
げっか
『そのとおりだよ。うまい人は見なくたって
基本的なものは簡単にスラスラっと描いてしまいます。

では、その”うまい人は見なくても描ける”
という言葉に潜んだ罠に皆さん気づいていますか?』


サラ「呆れ」 
サラ
『えっ・・・?』


げっか「へらへら」
げっか
『・・・・初級者さんや、いまいち上達が進まないと
思っている中級者さんはすぐに思い当たらないんじゃないかな』


サラ「呆れ」 
サラ
『なんですか・・・?』



P_20160926_120001.jpg 

げっか「へらへら」
げっか
『・・・ズバリ



”うまい人は見なくても描けるんだから
私も見ないでかけるようにならないといけない症候群”



にかかっていませんか?』


サラ「呆れ」 
サラ
『・・・はぁ、なんですかそれ』


げっか 「だんまり」
げっか
『まあ聞きたまえよ。よく私が耳にし、実際に上達の妨げになる
NGな行動を今回あげさせていただきます。

それは、うまい人のように見なくても描けるようになるため、
なんでもまず最初から見て描かず、
自分の脳みその中で解決しようとする行為だ!

実際こんな絵描きさん同士の会話を耳にしたことありませんか?』







絵描きA
『う~ん・・・なんかいまいち上手くかけないんだよなぁ・・・』


絵描きB
『え、見て描いてる?』


絵描きA
『いや・・・上手い人って見ないで描くじゃん、なんでもすぐ見て描いてたら
考えなくなっていつまでたっても上達しなさそうじゃん』



絵描きB
『あ~・・・たしかに』





サラ「ふーん」 
サラ
『・・・あー、見たことありますね』


げっか 「だんまり」
げっか
『あのね、言います』

サラ「ぼけー」 
サラ
『はい』


げっか「へらへら」
げっか
『君たち手とか顔とか想像上の化け物を描こうとしてるの?』

サラ「呆れ」 
サラ
『・・・・・また辛辣な発言を』


げっか「へらへら」
げっか
『もちろん、こういう努力はすばらしいよ。
たしかに見ないで描く練習も必要なのです、
ですが、それが求められるのはもっと違った用途です』


サラ「おしゃべり」 
サラ
『たとえば?』


げっか「へらへら」
げっか
『たとえば、途切れた写真を模写したとき、
その先を描かないことは

足がどうなっているのか、
どういう体勢で立っているのか

そういうことを考えていないことと同じです。』


サラ「ぼけー」 
サラ
『ほう』


げっか 「だんまり」
げっか
『たとえその写真っぽくかけたとしても
そのモデルさんがしている体勢を
画像が切れたその先まで想像して描けない限り、

あなたはオリジナルの全身図ですら
その体勢を描くことはできません。』


サラ「困り顔」 
サラ
『それはまた・・・厳しい意見で』


げっか「フッ」 
げっか
『実際、想像で描いたあなたのイラスト、地に足が着いていますか?』




P_20160926_120003.jpg 


サラ「呆れ」 
サラ
『・・・・浮いています。』


げっか「へらへら」
げっか
『本邦初、サラちゃんの力作がお目見えになりました
かわいいですね

では、小学生並みの画力を披露したところでお話を元に戻しましょうか』


サラ「へたれ泣き」 
サラ
『・・・・・はい』


げっか「フッ」
げっか
『そういう風になってしまうのは、先ほどいった通り
わからない部分が見つかってもその部分を見て描かないからです。

上手い人がどうして何も見ずに描けるのか

それはわからないところを何度も見つけ、
その部分をしつこく練習しているからです。
サラちゃん、練習してる?』


サラ「困り顔」 
サラ
『・・・してません』


げっか「フッ」
げっか
『してないのに描けるわけがなかろう』

サラ「ふーん」 
サラ
(・・・なんだろう、いますごくイラッときた気がする)


げっか「くわっ」
げっか
『だが、ここで一番の問題だ』

サラ「ぼけー」 
サラ
『なんでしょう』


げっか「くわっ」
げっか
『ほとんどの人がそういうわからない物を見つけたときに、
資料をすぐ参照できない、ファイルを作っていないことだ』



WS000009.jpg 

サラ「ぼけー」 
サラ
『ああ・・なるほど』


げっか 「だんまり」
げっか
『ごちゃごちゃのタンスからほしい服を取り出せたことあるかい?』

サラ「困り顔」 
サラ
『・・・無いです』


げっか「フッ」
げっか
『だから、ここで皆さんに心がけていただきたいことをまずひとつ

”自分だけの参考資料を作ってください”』


サラ「おしゃべり」 
サラ
『ほう!!』


げっか「へらへら」
げっか
『タンスヤクローゼットがごちゃごちゃの人は沢山いるでしょう。
でも、クッキングパパと銀魂とドラゴンボールを
全部ごちゃごちゃに本棚にしまう人っているかな?』


サラ「ぼけー」 
サラ
『そうそういませんね!』


げっか「へらへら」
げっか
『そういうこと!ほしい漫画は読みやすいように、
ナンバーどおりに収録するのに資料の画像は
フォルダごとに仕分けしてないんじゃないですか?』


サラ「困り顔」 
サラ
『なるほど!でも、どんな風に仕分けすればいいんですか?』


げっか「フッ」
げっか
『ではここで特別に私の資料フォルダの様子をお見せしよう』

サラ「大喜び」 
サラ
『なんと!!』


げっか「フッ」
げっか
『でも著作権の問題とかがあるから、
画像にはモザイクをかけるよ!!了承してね!!!』


フォルダスクショ1 
げっか「へらへら」
げっか
『うん、まずはこういった具合にね、ポーズごととか、
描きたい対象をフォルダにまとめているよ』

フォルダスクショ2 
げっか「フッ」
げっか
『アクションのフォルダを開くと、
さらに系統の違うアクションの画像をフォルダ分けしてあります』


フォルダスクショ3 

げっか「フッ」
げっか
『私の筋肉画像フォルダも筋肉といっても
筋肉の系統、ポーズなどで分けて
角度や動きによって変わる筋肉の動きに
すぐ対応できるようにしてあるんだ』


サラ「困り顔」 
サラ
『なんかあの・・・、

資料だというのと著作権の関係で
写せないということはわかっているのですが・・・』


げっか「くわっ」
げっか
『卑猥って言いたいんだろ知ってるよ』

サラ「ふーん」 
サラ
『・・・・・』


げっか 「だんまり」
げっか
『さて、私の場合はですがこうして自分のほしい画像を
すぐに引っ張り出せるように仕分けをしてあります

今のご時勢、インターネットを駆使すれば
いろんな写真が無料で手に入ります

それを利用しないのは勿体無いです。』


サラ「おしゃべり」 
サラ
『そうですね!皆さんもぜひ
自分だけのイラストの資料を作ってみてください!!』


げっか「へらへら」
げっか
『それでは、おつかれさまでした!!!』

イラスト添削! 『手の描き方』


サラ「ご案内」 
サラ
『こんにちわ!ウィズコミック案内係のサラです!』


げっか「へらへら」
げっか
『ウィズコミック所属作家兼広報部のげっかです』

サラ「おしゃべり」 
サラ
『今回は前回の続きですね!
前回をご覧になっていない方は下記のリンクからどうぞ!
イラスト添削!『ストリート系女子のブカブカの服を描く』


手の書き方を考える1 

げっか「へらへら」
げっか
『そう、今回は前回の手の書き方から解説をしていきますよ。
添削とは少し離れますが、最終的に添削依頼の
イラストにあわせた手をかけるように図解していきますよ~』



手の書き方を考える2 

サラ「おしゃべり」 
サラ
『指と手のひらの大きさの比率ですか!』


げっか「へらへら」
げっか
『そうそう。よく手を描いていて指が長くなりすぎたり
する人はこの比率のことを考えてみてください』



手の書き方を考える3 

げっか「へらへら」
げっか
『初心者さんによくありがちなのですが、
手を描くときは最初から形を整えず
ボックスで考えてみてください。』



 手の書き方を考える4

げっか「フッ」
げっか
『中指を支点に薬指、小指を描いていくのですが、
このとき長さを同じに書かないように気をつけてくださいね。』



手の書き方を考える5 

サラ「焦り」 
サラ
『おっ・・・?!急にむずかしくなってません?
親指の付け根の部分とかどういう角度で・・・』


げっか「フッ」
げっか
『あんね、こういうのはね、見るだけじゃなくて描くものなんだよ。
うまい人っていうのはこういうのもしっかり書いてきた過程があるんだ

だから、解説だけ読んでわかった気になるのは駄目だよ。
本当にわかりたいって思うものがあるんだったら、
うまくかけなくても一度はちゃんと見て書くこと。
これが上達への一番の近道です』


サラ「呆れ」 
サラ
『な・・・なるほど!!』



手の書き方を考える6 
げっか「へらへら」
げっか
『さて、実際に手を当てはめて描いたものがこちらです。』

サラ「ぼけー」 
サラ
『ほぉ・・・ちゃんとこのとおりに書けば
大体そのとおりに出来上がるんですね』


げっか 「だんまり」
げっか
『このあたりの肉付きとかに関しては人によって
太さとかもぜんぜん違うからそこは個々の好みやら
個体差などを考慮してよく観察して描いてください』



手の書き方を考える7 

げっか 「だんまり」
げっか
『この手のアーチ状の形は常に意識をしてください。
アーチ上になっているということは、
真横からみても平らにはならないということです。』


手の書き方を考える8 

サラ「ぼけー」 
サラ
『んっ?この手紙の封筒を書きかけた
みたいなのを重ねるんですね?』


げっか「フッ」
げっか
『うん、そう。難しく考えずにとりあえずこういう風に
形状を意識してみてください。
肉付きなどによって雰囲気などは変化しますが
形状の基本は変わりません。』



手の書き方を考える9 

サラ「大喜び」 
サラ
『お!完成ですか!』


げっか「へらへら」
げっか
『先ほどの理論に沿って作画するとだいたいこんな感じになります。
二次元女性の場合はもっと細い指でデフフォルメしてもいいですね』


サラ「おしゃべり」 
サラ
『今回はこれで終了ですね!』


げっか「へらへら」
げっか
『二週にわたってごらんいただいた皆様お疲れ様でした!
ツイッターのDMなどでも添削は受け付けております。』


サラ「おしゃべり」 
サラ
『お気軽にお声かけください!』

イラスト添削!『ストリート系女子のブカブカの服を描く』

サラ「ご案内」

サラ
『こんにちわ!ウィズコミック案内係のサラです!』

げっか「へらへら」

げっか
『ウィズコミック所属作家兼広報部のひいろげっかです!

さて、今日も添削ですよ!
前回はもんもん様からお喜びの言葉を頂くことができました!

今回はまたまた私の友人”おいも氏”からの添削の依頼ですよ!』



おいも氏 オリジナルイラスト 



サラ「大喜び」
サラ
『おお!かわいい!』

げっか「へらへら」

げっか
『ストリート系女子だそうだ
共通の知り合いにあげるイラストらしいんだけど、
これで合ってる・・・?という質問が来ました。

ヒザに手を載せているらしいのですが、
ここでいくつか問題が出てきます。

ここでは現実的なお話も交えて
とりあえず体全体を描いて実際どうなっているのかを
考えてもらいながらイラスト添削をしていきますよ~!』



 33478_1


サラ「ぼけー」

サラ
『頭の大きさは萌え絵だと1~1.5個分なんですね?』

げっか「くわっ」

げっか
『そうそう、それを超えてしまうと
だいぶ男性みたいになってしまうから気をつけてね!』



33478_2 


サラ「おしゃべり」

サラ
『体大きくない?っておっしゃってたんですよね?』

げっか「フッ」

げっか
『そうなのそうなの。
だからね、頭のサイズに合わせて作画しないと
描いた後でたくましく見えちゃったりするから気をつけようね』



33478_3 


サラ「おしゃべり」

サラ
『ほうほう、全身を描くとこうなるんですね』

げっか「フッ」

げっか
『そうそう、注目してほしいのは左上の図と
その下の解説を読んでね』


サラ「焦り」

サラ
『あっ、これは・・・・』

げっか「フッ」

げっか
『実際に棒人間のポーズ取ったらつらいでしょ?』

サラ「へたれ泣き」

サラ
『はい・・・』

げっか「へらへら」

げっか
『これは添削する前のおいもしのイラストの腕です。
もちろんそれでもいいのですが、
男性や筋肉が多い人ではないと
かなり無理した体勢になります。』



33478_4 



サラ「おしゃべり」

サラ
『実際に服を着せたらこんな感じなんですね!』

げっか「へらへら」

げっか
『はい、実際においも氏に聞いて作図しました。

ほかの添削を考えてる方々はこういうサービスもしているので
服の書き方がわからない等がありましたらご自由にお申し出ください!』



33478_5 
サラ「ぼけー」

サラ
『ほ・・・ほう?』

げっか 「だんまり」

げっか
『うん、あのね。これは垂れ下がってる部分が
どういう原理でシワになってるのかっていう解説だよ。
こればっかりは流れは示せるけどあとは自分でしっかり考えてね』


サラ「ふーん」

サラ
『ほう・・・厳しいですね・・・』


げっか「へらへら」

げっか
『私は優しいよ?甘くないだけ』

サラ「呆れ」

サラ
『・・・辛口ですがそんなことを堂々と言い放ちますか・・・』


げっか「フッ」
げっか
『ん?なんだね?』


サラ「呆れ」
サラ
『・・・なんでもないです』

げっか「フッ」

げっか
『よろしい』


手の書き方を考える1 


げっか「へらへら」

げっか
『そこで今度はおいも氏のイラストのもうひとつの問題点、
手の大きさとか書き方だね』


サラ「おしゃべり」

サラ
『おっ!!手の描き方!
これは皆さん興味深深じゃないですか?』


げっか「へらへら」

げっか
『でも今回のテーマが増えすぎちゃうから次週で解説するよ』


サラ「へたれ泣き」
サラ
『ええええええええ?!』



添削のご依頼はTwitterや
メールフォームでも受け付けています。

@wiz_comic

イラスト添削 人の目を惹く法則 2

サラ「ご案内」 

サラ
『こんにちわ!ウィズコミック案内係のサラです!』

げっか「へらへら」

げっか
『作家兼広報部のひいろげっかです~、
さて、今日は前回のもんもん様のイラストの添削の続きをやっていきますよ!』


サラ「おしゃべり」

サラ
『前回を見られていないという方はこちらからご覧ください!
http://wizcomic.jp/blog-entry-46.html

げっか「へらへら」

げっか
『さて、もう見られた方はどうぞ!!』

cWEUGDJL_07 

げっか 「だんまり」
げっか
『悩んだらみんなこういう風に書くと思いますね。
新しく考えるまでもなく明らかに書きやすい状態です』


サラ「困り顔」

サラ
『これで何が問題なんですか?
ど真ん中でわかりやすいと思いますけど』


げっか「フッ」

げっか
『まあ、次の画像を見たまえ、
それと同じことがこのイラストには起こっているんだよ』


cWEUGDJL_08 


サラ「ぼけー」

サラ
『・・・ただの縦線ですね、ええ、半分です』

げっか 「だんまり」

げっか
『じゃあ次の画像見たまえ』

cWEUGDJL_09 

サラ「ふーん」 
サラ
『・・・・よくわかんないです!!!』


げっか 「だんまり」
げっか
『うん、次の画像でどういうことなのかを説明する。
とりあえずこの画像で感じた印象を覚えておいてくれ』


cWEUGDJL_10 

サラ「困り顔」 
サラ
『・・・たしかに左右のキャラクターのポーズは違うし、
面白いかといわれると・・・別に面白くはないですね』


げっか「フッ」
げっか
『でしょう。なんでこんな線を引いたのか説明しよう
これはね、私たちが無意識に作った視線の流れだ』


サラ「呆れ」
サラ
『流れ・・?』

げっか「フッ」
げっか
『人間というのは、錯視とかがあるように
壁の模様から人の顔のようなものを見つけたりするよね、
そんな作用は目を使ってみている限り常に起こっているんだ。』

サラ「ぼけー」 

サラ
『な、なるほど』


げっか 「だんまり」
げっか
『このイラストの場合、女の人の顔の中心と
主人公の頭のてっぺんの位置、首、
要するに背骨が一緒なんだよね

そうすると、人間はそこに中心の場所がある、
ここに脳天があるっていうのを無意識で
点と点を線でつなぎます』


サラ「焦り」 
サラ
『あっ・・・!それでできたのがこの線なんですね?!』


げっか「フッ」
げっか
『そういうこと』

 cWEUGDJL_11
 

cWEUGDJL_12 

げっか「フッ」
げっか
『私なら視線誘導をしたいのならこうします。
じゃあどうしてこういう書き方をしたのか
次の画像で説明します』


cWEUGDJL_13 
サラ「ぼけー」
サラ
『これはまた視線の動きですか・・・?』

げっか「へらへら」
げっか
『そう、大体の人は、この視線がどこから始まるにせよ、
最終的にはこのルートをたどることになるでしょう。
道ができていますから

この不均等なジグザグは、人の視線を
長くとどまらせるのに最適なのです。

さて、でもこれじゃあこの線をたどったら終わりですよね?
もっと重要な効果を用意しています。
次の画像をご覧ください!』



cWEUGDJL_14 

サラ「焦り」 
サラ
『あっ・・・?!髪の毛とか肩のラインとか、
布とか、全部このために線を引いていたんですか?!!』


げっか 「だんまり」
げっか
『うんそうだよ、とりあえず感覚でやるけど、
面白くないとおもったら変えたりね。
でも基本はすべて理論に沿って作画しています。

っていうか、理論に沿って描くことができないと
時間もかかるし迷走するだけですから、
覚えておいたほうがいいに越したことはないです』


サラ「呆れ」
サラ
『うわぁ・・・なんか急に小難しいことを・・・!!』


cWEUGDJL_15 

げっか「フッ」
げっか
『その理論のおかげでほら』

サラ「焦り」 
サラ
『視線の無限ループ?!!そんなものが存在するので!?!』


げっか「へらへら」
げっか
『無限というのは少し語弊があるけどね。
飽きるまでの時間が長いのがこの構図の特徴だね
なぜなら画面が真っ二つになってないから!』


サラ「ぼけー」 
サラ
『な、なるほど・・・!』


cWEUGDJL_16 

げっか「へらへら」
げっか
『さて、デッドスーペースについて忘れていましたね?』

サラ「呆れ」 
サラ
『あっ!!これだけ書きましたが、だいじょうぶでしょうか!?!』


 cWEUGDJL_17

げっか「へらへら」
げっか
『大丈夫だ、問題ない』

サラ「焦り」 
サラ
『問題無いのは分かったんですがチョイスが間抜けすぎます!!!』


げっか「へらへら」
げっか
『さて、まあ、こんな感じですよと。
ご理解いただけましたかな?』


サラ「おしゃべり」
サラ
『ほかにも添削募集していますので、
気なる方はどんどんお問い合わせくださいね!』

プロフィール

wizcomic

Author:wizcomic
ようこそ!
ウィズコミックは世界中の人々に
日本の作家様の作品を読んで頂くべく
コミックアプリを開発をしています!

あなたの書いた漫画を
海外の人々に読んでもらいませんか?

世界に羽ばたく漫画家さんたちを
募集しています!!

メールフォーム

カウンター

ご来訪ありがとうございます

検索フォーム