イラスト添削 バターコーン様 ~フィギュアを模写するときの注意~

サラ ご案内

サラ
『こんにちわ、ウィズコミック案内係のサラです!』


げっか「へらへら」
げっか
『ウィズコミック所属作家兼、広報部のひいろげっかです。
さて、今日は以前も応募してくださったバターコーンさんからの
イラスト添削の依頼だよ!』


サラ おしゃべり
サラ
『おお、なんと。
ありがたいですね~!』


 JgG4dclm.jpg

げっか 「だんまり」
げっか
『今回はフィギュアをデッサンしてみたみたいなんだけど、
足の付け根の奥行きとか、階段のかんじがわからない
とのことなんだよね』


サラ ぼけー
サラ
『なるほど~・・・たしかに難しい課題ですね』


げっか「へらへら」
げっか
『ちなみにモチーフにされたフィギュアはこちらです』


p9bh2He9.jpg 

サラ 喜び
サラ
『なかなかのハードボイルドでかっこいいですね』


げっか「へらへら」
げっか
『さて、今回も添削、はじめますよ~!』


JgG4dclm_1.jpg 

サラ 困り顔
サラ
『いつもの課題、首ですね・・・』


げっか 「だんまり」
げっか
『そうなの。ここをスルーしてしまうと肩の位置が分からなくなったり
時には立ち姿が一気にかっこ悪く見えたりしてしまう
けれど気づかないといつまでも首に原因があるとは思わないのです・・・』


サラ 焦り
サラ
『怖いですね・・・』


げっか「フッ」
げっか
『今回も一応、首を一旦意識してもらうよ』


JgG4dclm_2.jpg 

サラ ぼけー
サラ
『お、一気にシンプルに』


げっか「フッ」
げっか
『とりあえず背中の線、肩の線を分かりやすく意識してもらうために
素体だけ書き出しました。
今回のポイントとしては、フィギュアと同じように角度をつけたことだよ。

今回もらったイラストでは、やや正面から描かれていたね。
でも、なにやら肩がごつくなりがちだ・・・。
もっとポーズがよく見えるためには、すこし角度をつけるのがいいだろうね』


サラ おしゃべり
サラ
『ほうほう』


JgG4dclm_3.jpg 
げっか「へらへら」

げっか
『こうしてみてもらうと分かりやすいと思うけど、
右と左でどう違うかな?』


サラ おしゃべり
サラ
『単純に言うと、関節のかき方とか、股関節でしょうか?』


げっか「へらへら」
げっか
『そうです、今回奥行きがわからない、といっていた股関節ですが
まず、奥行きを理解するために、股関節を描いたでしょうか?』


サラ 焦り
サラ
『・・・あ!』


げっか 「だんまり」
げっか
『もし描いていたとしても、奥行きが分からないのに消してしまっては
なおさら立体が分からなくなってしまいますよね。
奥行きができていない、体が上手くかけない
そういう時は、そういう線って残さないと
自分で描いてて分からなくなっちゃうんですよ。』


サラ 困り顔
サラ
『あ~・・・たしかに。
きれいにすることに気をとられて
消したほうがいいような気がしてしまうこともあるけど。
消さないほうがいいこともあるんですね。』


げっか 「だんまり」
げっか
GPSの無い時代に道の無い山の中に入っていくのに目印が無かったら、
どうやって帰ったらいいのか分からないですよね。
これで合っているのか、ちゃんと確認するために。
どこをどうすればいいのか確認するために
股関節や、その他関節の線は必要不可欠なんです。


サラ 喜び
サラ
『ペン入れをするときにその線を描かなければいいんですもんね!』


げっか「へらへら」
げっか
『そのとおり!
下書きでは思う存分関節をかこう!』


 JgG4dclm_4.jpg
サラ 困り顔

サラ
『階段ですか・・・・右図のように描くにはどうしたら・・・』


げっか「へらへら」
げっか
『フリーハンドでこれも正確とはいえないんだけどね。
でも見ればいちおうパースはさほどおかしくないよね。
自然に見える範囲。
こういう風にかけるためにはどうすればいいのか』


サラ へたれ泣き
サラ
『ごくり』

JgG4dclm_5.jpg 
げっか「くわっ」
げっか
『発想の転換!まずはシンプルに考えよ!!』


サラ 焦り
サラ
『うわ、すごいシンプルなの来た!』



JgG4dclm_6.jpg 
げっか「くわっ」
げっか
『最初から難しくお尻の触れてるところから
考えるからわけが分からなくなるんだ
大事なのはそこじゃない、いや、大事なんだけど
もっと大事なのは、断面図だ!!』


サラ 困り顔
サラ
『は・・・関節と同じく、断面図ですか?!』


げっか 「だんまり」
げっか
『そう、人間はついつい難しいところに目が行きがちだが、
段差、人が乗っている部分、そんなこと考えずに
とりあえず横から小学生が書いたみたいな怪談の図を描いてみてはどうかな?

それをちょっと小学校で習った算数の図形よろしく、
立体的に描いて数学博士的な気分に浸るんだ

四角形を立体的に描く授業があったね、
あれを階段にもあてはめてみよう』


サラ 焦り
サラ
『な、なんとかいける、
怪しいけどできます!!』


げっか「フッ」
げっか
『そう、怪しいけどできる、それっぽくなる!
大事なのはそう、階段は小学校にやった
算数の授業の延長線上にあるということだ!』


サラ 焦り
サラ
『でもこれでもできなかったらどうするんでしょう!!』


げっか「くわっ」
げっか
『その辺の小学生から教科書借りて来い!!!!
通報される覚悟で土下座して見せてもらうんだ!!!』


サラ 怒り
サラ
『そこまで?!!だめですよ!!!』


JgG4dclm_7.jpg 

げっか 「だんまり」
げっか
『まず腕ですが、腕もやや平面に
書いてしまっているところがあるかもしれません』


サラ ぼけー
サラ
『ここでも断面図ですね』


げっか「へらへら」
げっか
『正面から書いた場合はこうはならない可能性も結構あるんだけど、
一応これはデッサンするときによく聞くことだね、
真正面からはデッサンをしないとかね。』


サラ 困り顔
サラ
『え、どうしてでしょう・・・。』


げっか 「だんまり」
げっか
『慣れてないときは奥行きをつかみづらいでしょう。
真正面からでもちゃんと立体を表現できる人って言うのは、
そのまえに横から、斜め前からとか
いろいろなアングルで経験をつんでからのことのほうが多い。
だから正面から屈んでるところを描いてもちゃんと見える。
正面は意外と難しいんだ』


サラ ぼけー
サラ
『なるほど・・・』


JgG4dclm_8.jpg 
げっか 「だんまり」
げっか
『ここも問題ね。手に合わせた結果ヒジが伸びたり、
ありえない角度で何かがくっついたり、いろいろパターンはありますね。
ここは膝だけでなく、肩の位置も関係してきます。
膝が正しい位置にあっても肩の位置、つまり屈み具合があっていないと
ちゃんと腕がフィットしないのです。』



サラ ぼけー
サラ
『なるほど・・・』


 JgG4dclm_9.jpg

げっか「へらへら」
げっか
『そうそう、肩の角度というか、なんというか
右図では方は奥へ行っていますが、左図では正面に近いアングルですね。
特に気になるのは肩幅でしょうか』


サラ おしゃべり
サラ
『そうですね』


JgG4dclm_10.jpg 

げっか 「だんまり」
げっか
『ここでちょっと意識してほしいところは、
肩の関節を意識するのが苦手かもしれない、ということですね。』


サラ ご案内
サラ
『ほう』


JgG4dclm_11.jpg 

げっか「へらへら」

げっか
『まずは肩の関節の意識、といいますか
体全体の関節に対する意識を変えてみてみましょう。
奥行きがわからなくなるのも、まずは関節がしっかり
理解できるようになると解消できます。』


サラ ご案内
サラ
『なるほど、まずは基本から、ですね
今日の添削はここまでです。

添削のご依頼はTwitterでもお受けしています。
お気軽にお声かけください!』


@wiz_comic

イラスト添削 ジュラシックパーク佐々木様 ~軽い俯瞰で描く女の子~

サラ ご案内

サラ
『こんにちわ、ウィズコミック案内係のサラです!』

げっか「へらへら」

げっか
『ウィズコミック所属作家兼広報部のひいろげっかです。
今日は添削の依頼がありました~!』


EY68AE9X.jpg 
サラ おしゃべり
サラ
『あら、かわいいですね~!!』

げっか「フッ」

げっか
『今回は、前回お問い合わせくださった
ジュラシックパーク佐々木さんから
軽い俯瞰で描いたつもりなんだけれど・・・
というお話を受けました。
今回はその軽い俯瞰の解説をしていきます』


サラ ぼけー

サラ
『なるほど』

 EY68AE9X_1.jpg

げっか「へらへら」

げっか
『軽く画像をトレースして、断面図などを再現してみるとこういう感じになりました。
こうしてみると、腰の部分は上から見てるわけでもなく、
下から見ているわけでもない見え方になります。

となると、真正面から見ているということになりますね。』


サラ ご案内

サラ
『そうですね』

げっか 「だんまり」 

げっか
『人を上から見ているときに、おなかは正面から見えますか?』

サラ 困り顔

サラ
『・・・いいえ、見えないですね』

げっか「へらへら」

げっか
『そうです。今回はそこが肝です』

EY68AE9X_2.jpg


サラ ぼけー

サラ
『たしかに、ウェストが真正面から見えているのであれば、
ウェストから下は俯瞰になっても、人物全体は俯瞰には見えないんですね。』


げっか「フッ」

げっか
『そういうことです。
俯瞰に描きたいのであれば、どこが正面から見えるのか、
もしくはどのくらい上から書きたいのかということを考える必要がありますね。』

EY68AE9X_3.jpg 
サラ ぼけー


サラ
『顔の上に水平線を設置するか、頭の上に設置するか・・・ですか』

げっか 「だんまり」

げっか
『これも少し変わるんですよ』

EY68AE9X_4.jpg 

サラ おしゃべり

サラ
『ほう、なるほど』

げっか 「だんまり」

げっか
『非常に分かりづらいかもですが、
顔はほぼ正面のアングルで描いても、顔から下は軽く俯瞰がかかります。』


EY68AE9X_5.jpg 

サラ ぼけー

サラ
『これは頭の上にあるパターンですか?』

げっか「へらへら」

げっか
『そうですね、頭の上に水平線がありますが、
そこまで上ではありません。
ですが、その分さっきのイラストと比べると体の凹凸が強調されます』


EY68AE9X_6.jpg 

げっか「フッ」

げっか
『これは簡単なイラストですが、こういうイメージかなと思って作成しました。
先ほど説明した俯瞰をイメージしながら書くと
軽い俯瞰でもこのようになります。』


サラ ご案内

サラ
『ご依頼ありがとうございました!
添削の応募はいつでも受け付けています。
お気軽にお問い合わせください!』


イラスト添削 みっこ様 ~ひざを立てて座る女の子 足の描きかた~

サラ ご案内

サラ
『こんにちわ、ウィズコミックス案内係のサラです!』


げっか「へらへら」
げっか
『ウィズコミック所属作家兼広報部のひいろげっかです。
今日も添削の依頼がありました!ありがとう!』




サラ おしゃべり
サラ
『わぁ~、楽しみですね!』



H2qkrzm8.jpg 

げっか「へらへら」
げっか
『今回添削に応募してくれたのはみっこさんです!
とても可愛くかけていますね!』



サラ 喜び
サラ
『ホントですね!アンニュイな表情がなんともいえないです!』


げっか「くわっ」
げっか
『さて、今日もさっそく添削に入ります!』


H2qkrzm8_1.jpg 

サラ 困り顔
サラ
『あ・・・たしかに。
ちょっとだけ肩が大きめに見えてしまいますね。』


げっか 「だんまり」
げっか
『胸までは良かったと思うんだけど、ウェストで急に細くしちゃったんだね。
あまり胸の大きくないキャラのときはみんな悩むかもしれないけど
だからといってウェストを細くしてしまうと今度は肩幅が広く見えてしまいます。』



サラ ぼけー
サラ
『なるほど』


げっか「フッ」
げっか
『肩幅とウェストのギャップを埋めるのには
やはり胴体をしっかり骨組みだけで描いてから
その後胸を書き足すのが予防策となります。』


H2qkrzm8_2.jpg 

サラ 呆れ
サラ
『足の長さ・・・・』


げっか 「だんまり」
げっか
『えーと、個体的な足の長さについては無視するとして
ちょっと足を書くのが苦手なのかなという印象を受けました。
それにはまず足の立体を意識するよりも長さはどれくらいか
ということを意識するのが先決でしょう。』



サラ おしゃべり
サラ
『ほう』


げっか「へらへら」
げっか
『自分が座ったとき、この角度だとどういう風に見えるのか
横から見るとこの角度のとき、ひざはどの辺りにあるのか。
自分の乳首より上か、下かなどをちゃんと確認しましょう。

そして、鏡を見て足がどの辺りに来るのかも確認。
まずは長さの確認です。』



サラ おしゃべり
サラ
『なるほど~・・・』


H2qkrzm8_3.jpg 

げっか「フッ」

げっか
『今度はひざの高さにあわせて描くと、足が手前側に来たね。
ひざがこの高さにあるということは、
体に密着させているわけではありません。

ということは、角度がほぼ90度ではなく60度だったりするわけですね。

まあ、詳しい角度はご自分で鏡などを見ながら
横から見てみたりするのが一番です。』



サラ ふーん
サラ
『ほ、ほう。わかるような分からないような・・・』


げっか 「だんまり」
げっか
『鏡の前に座れば分かるさ。
足を曲げたり伸ばしたりしながらひざの高さの変化を観察。
その後真正面から向き合って同じ動きをしたとき
足首がどの程度前に出ているのか

そういうことも観察してください。』


H2qkrzm8_4.jpg 

サラ おしゃべり
サラ
『ひじですか?』


げっか「くわっ」
げっか
『そう。
このイラストで特に惜しいとおもったのはここだなぁ。
ひじの位置的にこういう風に書かれているってことは
苦し紛れに真横に腕を開いて曲げるという発想はなく
奥側から腕が来ているという意識があってのことだね。
見事です。

だけど、関節部分がちょっと損をしちゃってるんだ。

このようにもうちょっと丸みを持たせて
円筒であることを分かるようにしないと
ただ腕が短く見えてしまうので
上手くかけているのにとてももったいない!』



サラ 困り顔
サラ
『なるほど、そういう違いがあったんですね・・・・』


H2qkrzm8_5.jpg 

げっか「へらへら」
げっか
『最後は手です。
この手は結構苦手意識がある人も多いんじゃないかな。
私も初心者のときはかなり悩みました。
自分で同じ手を作って鏡でデッサンしてみたりしても
ぜんぜんかけないんだもの。

でも私はこのブログで初心者さんたちに手の描き方を
レクチャーしているときに思いつきました。

このコツさえ抑えればある程度それっぽく見えるということを・・・・
なんとこの形を練習するだけでもれなく手が描けるように・・・』


サラ ふーん

サラ
『それがこの図ですね。
はい、英語教材のCMっぽい説明ありがとうございます。』


げっか 「だんまり」
げっか
『はい、すみません・・・

とりあえずこの角ばった形を意識して
これができるようになったらちょっとずつ肉付きを意識すればいいと思います。
最初から肉付き意識しろって言ったってちょっと難しいので
基本的な形をおさえて見なくてもほぼかけるくらいになったら
今度はじっくり観察して肉付きを勉強してみましょう。』



サラ ご案内
サラ
『なるほど、今日は添削のご応募ありがとうございました!
皆様からのご応募を常にお待ちしております!
TwitterのDMからも可能ですのでお気軽にどうぞ!』


@wiz_comic

イラスト添削 豆乳イソフラボン様 ~女の子のイラスト、重心について~

サラ ご案内

サラ
『こんにちわ、ウィズコミック案内係のサラです!』


げっか「へらへら」

げっか
『ウィズコミック所属作家兼広報部のひいろげっかです。
さて、サラちゃん
今日も添削の依頼がはいってきましたよ!』


サラ 喜び

サラ
『おお、なんと!!』


pvjeQjm7.jpg 

げっか「へらへら」

げっか
『豆乳イソフラボンさんからのイラストです!!
可愛いですなぁ』


サラ おしゃべり

サラ
『アイドル的な雰囲気がすごく出てますね・・・!』


げっか「フッ」
げっか
『さて、早速添削へと移りたいと思います!』


 pvjeQjm7_1.jpg

サラ 焦り

サラ
『えっ、ぜんぜん気がつきませんでした!!』


げっか 「だんまり」
げっか
『そうなんだよね~。
一見気がつかないかもなんだけど、
首が太く見えるような気がして長くしてしまったり
どのくらいが適正か分からなくて細くしてしまったりと
まぁ、いろいろあるんだけど、今回はちょっと長くなっちゃったかな』


サラ 困り顔

サラ
『どこで気がついたんですか・・・?』


げっか「へらへら」
げっか
『鎖骨だね』


サラ 焦り

サラ
『あっ・・・』


げっか 「だんまり」
げっか
『鎖骨って首の終わりすぐ近くにあるでしょ?
だから鎖骨でだいたい判別つけるの』


サラ 呆れ
サラ
『なるほど~・・・』


 pvjeQjm7_2.jpg

げっか「フッ」

げっか
『一見普通に見えるじゃろ?』


サラ おしゃべり

サラ
『はい』


pvjeQjm7_3.jpg 

げっか 「だんまり」

げっか
『だがこうしてみるとどうじゃ』


サラ 呆れ

サラ
『あ、たしかに・・・
っていうかいつから仙人口調に・・・』


げっか「へらへら」

げっか
『線を延ばしてみると分かることもたくさんあるんだけど
足に関しては特にいえることだね。
なんとなくで描いてしまったり、足の先まで考えずに描いてしまうと
途中で浮いたようなイラストになってしまったり、
重力を無視したイラストになってしまうことがたくさんあるんだよね』


サラ ぼけー

サラ
『なるほど~・・・』


げっか「へらへら」

げっか
『なので、足の先まで書かなくても、
書くときには最低限重心から逸れないように気をつける
これだけでも不自然さは軽減されます。』


pvjeQjm7_4.jpg 

サラ ぼけー

サラ
『あ、これが重心に気をつけて描いた場合ですね?』


げっか「へらへら」

げっか
『そう。
ちょっと線が汚くて申し訳ないんだけど
重心を意識するとこんなかんじかな。

重心をわざとはずして描くこともあるんだけど、
それは動きの大きなイラストだけだから。
安定した動きが描きたいならとりあえずは重心を意識しよう。』



サラ ご案内 

サラ
『なるほど!
今日はここまでですね。
ご依頼ありがとうございました!!

添削の依頼はTwitterのDMでも募集しています。
お気軽にお声かけください!』


@wiz_comic

イラスト添削 ぽてと様 ~顔のバランスや首の付け根~

サラ ご案内

サラ
『こんにちわ、ウィズコミック案内係のサラです!』


げっか「へらへら」

げっか
『ウィズコミック所属作家兼広報部のひいろげっかです。
今日は私の友人から添削の依頼が来たので
こちら掲載いたします!』


1502285092764.jpg 
サラ 喜び
サラ
『あら、可愛い男の子ですね!』


げっか 「だんまり」
げっか
『私の友人、ぽてとん(おいも氏)からの依頼です。
本当に可愛い男の子好きよね。
私は十中八九マッチョかオッサンになるけど』


 1502285092764_1_1.jpg   
サラ ぼけー
サラ
『目と顎の位置がマッチしないということですか?』


げっか 「だんまり」
げっか
『そうね、あと鼻かな。
ちょっとズレてみえちゃってるかな。』

1502285092764_2.jpg 

サラ おしゃべり
サラ
『輪郭は変わりましたが、違和感がないように見えますね』


げっか「へらへら」
げっか
『そうそう。
本来であれば、輪郭はこんな風になるはずなんだ。』


1502285092764_3.jpg 
1502285092764_4.jpg サラ おしゃべり
サラ
『あ、なるほど、鼻と顎が同じ一直線上にあるのが理想なんですね!』


げっか「フッ」
げっか
『そう、ここがそろっていれば自然と他の部分もあわせやすくなるし
輪郭にたいする疑問点も多少やわらぎます』


1502285092764_5.jpg 

1502285092764_6.jpg 
サラ 困り顔

サラ
『首の位置ですか・・・確かに難しいです!
どこから生えてるのかって言われてもいまいちすぐに答えづらいというか・・・』


げっか「へらへら」
げっか
『こればっかりはなんとなく書かずに観察を重ねるしかないですね~』



1502285092764_7.jpg 1502285092764_8.jpg
サラ ぼけー 

サラ
『ああ、なるほど』


げっか「フッ」
げっか
『ちょっと顔の角度変えたりして
首の位置に顔を合わせていくってだけなんだけどね』


1502285092764_9.jpg 
サラ 困り顔
サラ
『そんなに違和感なく見えたのですが、
じつはちょっと太ももが細めだったんですね』


げっか「へらへら」
げっか
『細ももになってしまっていましたね。
ここの部分は結構筋肉やらで男性でもあるていど太さがある部位なので、
やせすぎでもない限りは大体ついてます。』


1502285092764_10.jpg 
サラ おしゃべり
サラ
『これが服を書いたイメージですか』


げっか「フッ」
げっか
『そんなに特筆して書くことはないんだけど、気になったのは服のシワかな。
もうちょっとシワ、たるみを観察してみよう』


サラ 困り顔
サラ
『シワ、たるみってそれだけ聞くとちょっと避けたくなりますね。』


げっか「くわっ」
げっか
『君は永遠に年取らないんだからいいだろ、
私はどんどん劣化していくのに君が言うのかい?!』

サラ 焦り

サラ
『ハッ・・・すみません?!!』


1502285092764_11.jpg 


げっか「フッ」
げっか
『ここの部分が何気に重要で、ズボンの太もも部分は
それなりに脂肪やら筋肉やらがついているので
服が引っ張られてあまりたるみができないようになっています。』

サラ おしゃべり
サラ
『なるほど』


げっか「へらへら」
げっか
『さて、今日はここまでです!
今のところ添削依頼は0となりました!
いつでもご依頼お待ちしています!』


サラ ご案内
サラ
『TwitterのDM、このブログのメールフォームでも
添削依頼はお受けしています!お気軽にお声かけください!』

プロフィール

wizcomic

Author:wizcomic
ようこそ!
ウィズコミックは世界中の人々に
日本の作家様の作品を読んで頂くべく
コミックアプリを開発をしています!

あなたの書いた漫画を
海外の人々に読んでもらいませんか?

世界に羽ばたく漫画家さんたちを
募集しています!!

メールフォーム

カウンター

ご来訪ありがとうございます

検索フォーム