お絵かき講座~いろんなオジサマを描く3~

サラ ご案内

サラ
『こんにちわ、ウィズコミック案内係のサラです!』


げっか「へらへら」
げっか
『ウィズコミック所属作家兼広報部のひいろげっかです。』


サラ おしゃべり
サラ
『今日は前回の続きですね?』


げっか「フッ」
げっか
『うん、今回は前回のジジイが若い頃いったいどんな感じだったのか
っていうのも再現してみました』


サラ 呆れ
サラ
『ちょ、口が悪いですよ!!』


ジジイ1 ジジイ2
ジジイ3 ジジイ4

げっか「へらへら」
げっか
『このラインナップから若い頃を導き出してみましたよ。
関係なさそうな感じですが、とりあえずシワがどんな風についたのか、
という参考に20代程度の年齢で描いてみました。』


若者時代1 若者時代2 若者時代3 若者時代4

サラ ぼけー

サラ
『あらっ・・・皆さん若い頃はなかなかイケメンですね。』


げっか 「だんまり」
げっか
『とりあえずまたアナログでトレースしてって言うのも面倒くさいので
デジタルで今回は画像製作しましたよ。

まず気づいたと思うんですが、どのくらい書き込むか
っていうのは一つ基準になるんですが、
鼻の形とか書けば書くほど老けていきます。

小学校時代とか自画像書かされましたよね。
そうじゃなくても鼻が描けないとか、あまり書かないようにしてる
っていうのはあると思います。』


サラ おしゃべり
サラ
『なるほど』


げっか「へらへら」
げっか
鼻をデフォルメすることで若さが演出できるので、
リアル系のデジタルイラストでもよく鼻をあまり目立たせないようにしたり、
画像の加工で自分の顔の鼻があまり目立たなくなったりしてますよね。
鼻って言うのは結構年齢を表す上で
重要になる要素なんじゃないかな~と思いますね。

モノクロだと特に鼻を書き込まないようにするとその表現はしやすいです。


サラ ぼけー
サラ
『たしかに、言われてみればそうですよね。
絵柄かなとおもってあまり踏み込まない部分が多かったですが
実際はそういうことがあるんですね。』


げっか「へらへら」
げっか
『では、実際横に並べて見ていきますかね!』


若ジジ1 

サラ おしゃべり
サラ
『こうして並べてみると、やっぱり若い頃のほうがスッキリしてますよね。』


げっか 「だんまり」
げっか
『うん、この骨格は同じなんだけど、
年をとるとどうしても脂肪がついちゃうから
輪郭周りが太くなっちゃうんだよね。

若い頃はまだ肌がピンとしてて、太ってはないよね。
たぶんこのキャラクターは若い頃から太ってはいなかっただろうな
って言う前提で作ってあるんだ。』

サラ ぼけー

サラ
『というと・・・?』


げっか「へらへら」
げっか
なぜかというと、若い頃から太ってたら
もっと皮膚が伸びてるからシワがもっと深くなるでしょ。
あと、長年太ってる人って皮下脂肪も多いから
頬っぺたが垂れ下がってる人が多いよね。

もしくは年をとってからまた一気に肉がつきやすくなるから
シルエット的にボーンとしてることが多いかな


 サラ おしゃべり

サラ
『ああ、なるほど!!』


げっか「フッ」
げっか
『お金ができてからいい物を食べて、って感じだから
体肉がつき始めたのも中年からだろうね』


サラ ふーん

サラ
『あ~・・・長年の脂肪とか、そういうところもあるんですね』


若ジジ2

サラ ぼけー 
 
サラ
『結構雰囲気は変わってませんが、
黒髪から白髪になったっていうのは印象大きいですね。』



げっか「へらへら」
げっか
『あと髪の毛若干薄くしてあるよ。

このおじいちゃんは若い頃中肉中背だったかな、っていう印象で
頬っぺたのあたり、頬骨によるシワとかはほぼ書き込まないようにしてます。
見比べてどんなふうにシワが入っていったかを考えてみましょう』



若ジジ3 
げっか「フッ」

げっか
『ほぼ変わらない若作りオジサマですね。
髪型は変えないでおきました。
なんだかこだわり強そうな雰囲気がしたので←』


サラ ぼけー

サラ
『たしかに、あまり変わりませんね。
でも年をとってからのほうがちょっとかっこいい気がしますが』


げっか「へらへら」

げっか
『若い頃はちょっと洗練されてないというか、
モテるはモテるけど垢抜けてない感があるよね

このキャラもあまり頬はこけさせず。
輪郭の変化もほぼないので、見てほしいのは口元、
頬骨、目元のシワとか、まあいっぱいありますけど。
そのアタリに特に注目してほしいですかね』


若ジジ4 
サラ 焦り

サラ
『これ、一番驚いたんですが・・・』


げっか「へらへら」

げっか
『やっぱり髪の毛の力は大きいですな
でも骨格はぜんぜん変わってないでしょ?

今回は全体的に単純にシワを減らすことで対処してますが、
まず若い人はだいたい皆さん描けてますよね。』


サラ おしゃべり

サラ
『そうですね』


げっか 「だんまり」
げっか
『まず重要なポイントをいくつか挙げます。

1、年寄りは脂肪がついてくるので顔の輪郭はやわらかく、
骨格だけではなく垂れ下がった脂肪も計算に入れて線を引くこと

2、頬骨の位置を把握し、意識して描くことで
どこに線を入れればいいのか分かるの

3、目は若い頃より小さく。また、目元のシワは念入りに、

4、ほうれい線は深く濃く、垂れ下がった脂肪の分も計算に入れて書くこと。

5、ほどよく脂肪がついている人のほうが頬骨やほうれい線のシワが軽減される。


などでしょうかね?
ここで見比べて発見してほしいですね』


サラ おしゃべり
サラ
『なるほど、オジサマシリーズは一旦ここで終了ですね!』

げっか「へらへら」

げっか
『はい、また何か特集があれば組ませていただきたいと思います。』


サラ ご案内
サラ
『ここまでご覧頂きありがとうございました!
イラストの添削も承っています、
詳しくはTwitterのDMかメールインフォまでどうぞ!』


お絵かき講座~いろんなオジサマを描く2~

サラ ご案内

サラ
『こんにちわ、ウィズコミック案内係のサラです!』


げっか「へらへら」
げっか
『ウィズコミック所属作家兼広報部のひいろげっかです』

サラ おしゃべり
サラ
『さてさて、今日も前回の続きですね?』


げっか「フッ」
げっか
『うん、前回はとりあえずキャラを書く上での設定や
入り込みやすさを大事にした紹介だったから、
とりあえず今日は使い古されたシワとかの話をしていくよ。』

サラ 困り顔
サラ
『まあ、あらゆるサイトでこういうところにシワを入れますよ~
っていう記事出てますからね・・・』


げっか 「だんまり」
げっか
『そういうスタンダードなのはそういうサイトにお任せしようと思う』

サラ 呆れ
サラ
『いや、がんばってくださいよ・・・』

 ジジイ1 ジジイ2 ジジイ3 ジジイ4

げっか「へらへら」
げっか
『前回の軽いおさらいですが、例としてあげたオジサンたちです。
とりあえず彼らの目元の話からしていこうと思います。』

サラ おしゃべり
サラ
『ほほう』


ジジイ5 

げっか「へらへら」
げっか
『なんか目の下アイシャドウつけてるみたいで
近年流行ったうさぎ顔メイクしようとして失敗したみたいになってますね。
若干気持ち悪くなりましたがこの涙袋の線はやはり必須です。』

サラ おしゃべり
サラ
『なんか一部分だけ鮮やかなピンクなので
急にアーティスティックな雰囲気ですね』


げっか 「だんまり」
げっか
『お年寄り目元の脂肪、筋肉が次第に垂れ下がってくるから
まぶたも皮膚が伸びて目がすごく小さくなってくるんだ。』

サラ ぼけー
サラ
『なるほど、確かにそうですね』


げっか「へらへら」
げっか
かなりデフォルメされた絵柄でもない限り、
あまりお目目ぱっちりにしすぎちゃうと
ご老人感が出なくなっちゃうので気をつけてくださいね。

もし大きめに描くとしても気持ち小さめに、
目尻のしわはかならず描きましょう。』

ジジイ6 

サラ 喜び
サラ
『あ、このシワよくみますよね。
特にダンディな方に多い気がします!』


げっか「へらへら」
げっか
『そうそう、ダンディな人とか結構多い。
まあ、それに限らず多いんだけど上のを見て分かるように、
頬がふっくらしてる人はあまりこういうシワは見ないよね』

サラ おしゃべり
サラ
『あ、たしかに!』


げっか 「だんまり」
げっか
『顔全体に肉がついてるかどうか、っていうのも基準だね。
あとヒアルロン酸。』

サラ 呆れ
サラ
『妙にそここだわりますね・・・?』


ジジイ7 
げっか 「だんまり」
げっか
『今度はほうれい線、これはもうみんな分かりやすく描いてるよね。』

サラ ぼけー
サラ
『でも、やっぱり年齢だけじゃなくて同じ年代に見えても
あまり濃くない人と濃い人がいるんですよね・・・』


げっか「へらへら」
げっか
『やっぱりそこもお肌の張りとかかなぁ。
ちょっと太ってるほうがそのあたり若く見えたり、あとは筋肉かな
よく口角が上がるとほうれいせんが薄くなるって言うじゃない?
笑いシワもできるけど、筋肉の発達って言うのはやっぱり影響してくるよね。』

サラ おしゃべり
サラ
『そうですねー』


 ジジイ8 ジジイ9 ジジイ10 ジジイ11   
げっか 「だんまり」
げっか
『たとえば頬をくぼませるこのなんていうの、
若干ジジイ味を出すためにあの・・・なんだっけええと、あれ
あの、あれだよ』

サラ 焦り

サラ
『老化現象が始まっている・・・・?!!』

   
ジジイ12 ジジイ13 ジジイ14 ジジイ15 
げっか「へらへら」
げっか
『そうあの、頬の筋肉の形によってもだいぶ頬のこけた感じとかね、
シワが変わってくるんだよね。』

サラ ふーん
サラ
『あ、なるほど、言いたかったのはそういうことでしたか。』

   
げっか「フッ」
げっか
『頬っぺたがふっくらしてる人ほど円形に近いっているのはあるけど、
まあでも一番は骨格的な問題が大きいかなぁ、
頬骨が出てるとやっぱりふっくらして見えるよね』

サラ ぼけー
サラ
『たしかにそうですねー』

   
げっか「へらへら」
げっか
『日本人は頬骨が出てる人が多いからふっくらして見えたり、
顔が平たいって良く聞くよね。

あと、日本人のお尻が

バァアアアアアアアアアアン

って大きくならないのは骨格的な問題と、
筋肉が遺伝的に元から発達してない人が多いからなんだそうだよ。』

サラ 困り顔
サラ
『え、そうなんですか?
じゃあどんなにヒップアップしようとしても
あんな大きなお尻にはなれないっことですよねー』

    
げっか「へらへら」
げっか
『日本では小さなお尻がもてはやされる世の中、
丸くて大きいお尻が大好きな男性には悲しい話だ・・・

だが大丈夫、たしか巨尻手術というものもあったはずだ。
セレブがやってるのを最近見たよ』

サラ 呆れ
サラ
『そ、そんなものが、時代は進歩しているんですねー・・・』


げっか 「だんまり」
げっか
『さて、頬の筋肉をお尻にたとえて説明してみたところで、
今度は若い頃とどんな風に顔が変わってくるか・・・』

サラ おしゃべり
サラ
『おっ?』


げっか「くわっ」
げっか
『という説明をしたいのですが今回は画像がかなり多いので
読みづらくなる前に一旦終了します!!』

サラ ご案内
サラ
『あ・・・そうですか。
次回をお楽しみに!添削のご依頼も受け付けております!』

クリケットボーイの表紙ができるまで2

サラ ご案内

サラ
『こんにちわ、ウィズコミック案内係のサラです!』


げっか「へらへら」
げっか
『ウィズコミック所属作家兼広報部のひいろげっかです。
さて、本日も前回の続き、表紙作成を進めていきますよ~

クリケットボーイの表紙ができるまで1 の続きです。』


サラ おしゃべり

サラ
『さて、今日はどんな感じの記事になるんでしょう!』



19.jpg 


げっか 「だんまり」 

げっか
『前回はこんな感じのところまで出来上がりました。
ですが、ソフトを切り替えた影響で背景エフェクトの
発光効果やリニア効果が解除されてしまいました。

なぜかというとソフトが違うので
多少フィルタの形式とかが違うからなんですね。
とりあえずそれはいったんおいておいて、

塗りが終わってからCLIPSTUDIO PROに移動してそれは戻します。』


サラ おしゃべり

サラ
『なるほど、じゃあ今回は塗りの過程ということですね。』


げっか「フッ」
げっか
『そういうことです。
とりあえずササッと塗ることを目的に作業していきます。』


20.png 

げっか 「だんまり」 

げっか
『ちょっとほかのソフトで作業をするために
Photoshop形式にすると出てくる問題です。
ソフトごとに形式が違うので、最初からPhotshopで作業しない限りは
こういった感じにフォルダがただのレイヤーになってしまうのです。

なのでまずこういった下準備がないと
ちょっと作業が混乱する場合があります。』


サラ ぼけー

サラ
『なるほど・・・』

21.png 


げっか「へらへら」 

げっか
『名前をつけずに適当に作業している人もおおいと思いますが、
今回はレイヤー少数でやりますが、
私も本気で描くと名前をつけても
わけが分からなくなる量のレイヤーを利用します。

そういったときに何のレイヤーだったか少し考えたり
表示非表示して分かる程度には整理しておく必要があります。
少なからず時間の節約にはなりますよ』


サラ ふーん

サラ
『なるほど、面倒くさがってつけていないと
後々大変になるんですね・・・』

げっか「へらへら」 

げっか
『そうそう、あるあるな話だけど、
100枚レイヤー越す人もいるから、要注意ね。』


22 
げっか 「だんまり」

げっか
『まずは簡単な下塗りをします。
最低限の陰影やグラデーションは
ここでつけておいたほうが良いでしょう。』


サラ ぼけー

サラ
『しないとどうなるんですか?』


げっか「へらへら」
げっか
『あとで無駄な手直しが増えます

サラ 焦り

サラ
『な、なるほど・・・』

23.png 


げっか 「だんまり」 

げっか
『色を塗るときはピンク系ほど可愛く見えるので、
女性は特にピンク系の肌色を使う人が多いです。
ギャルゲ塗りなどでもピンクの肌色が多いのはそのためです。』


24.png 

サラ ぼけー 

サラ
『先ほど話していた温感、ですか?』


げっか「へらへら」 

げっか
『そうそう、暖かそうな場所、柔らなそうな場所はピンクが濃いほうが良い。
とくに原色に近いほうがくすんだ感じがなくきれいに見えます。』

29


げっか 「だんまり」

げっか
『そういったところを踏まえて適当に塗り進めていくとこうなりますが
私がしたいのは厚塗りで、ササッとできるものです。

今回はアナログ線画を抽出して利用しているので
細かいことをする人であればさらに髪の毛や輪郭ごとに分けると思います・・・が』


サラ おしゃべり

サラ
『が?』

げっか「へらへら」


げっか
『私は面倒くさいことが大嫌いなので気が向かない限りやりません。
ということでそれは無視して線画の色をチェンジ、一気に結合して
上にひとつだけレイヤーを作成し厚塗りに強制移行します』


サラ 呆れ

サラ
『それだけ聞くと結構強引ですね・・・』


げっか「へらへら」

げっか
『うん、強引だよ。
もしイラスト単体の依頼ならパーツごとに色変えられないと
困るから決してそんなことはしないよ。』

サラ 困り顔

サラ
『な・・・なるほど・・・』

30

げっか「へらへら」

げっか
『線画の色を変えてさらに上にレイヤーを一つ作り、
さらに色を塗ったりしてそれらしく仕上げたものです。
ですが、このままだとまだまだ完成とは言えないので
続きの作業はCLIPSTUDIO PROで
発光、オーバーレイなどを行います。』


サラ おしゃべり 

サラ
『ほう』

12000.jpg 

げっか「フッ」  

げっか
『ごくごく簡単な塗りだけで終わらせた表紙ではありますが
一応コレで完成です。』


サラ おしゃべり

サラ
『なるほど、作業時間3~4時間程度だとこんな感じなんですね
今日はお疲れ様でした!

ちなみにこのブログでもっと手の込んだイラストの製作過程を
紹介する日はいつか来るのでしょうか・・・?』

げっか「フッ」

げっか

『ないな、あったとしてもマッチョのおっさんとか
絵柄が180度変わります。』


サラ 呆れ

サラ
『えええ・・・。』

げっか「へらへら」

げっか

『閲覧ありがとうございました、
また是非きてくださいね~』


サラ ご案内

サラ
『イラストの添削も相変わらず募集しています。
お気軽にお声かけくださいね!』

クリケットボーイの表紙ができるまで1

サラ ご案内
サラ
『こんにちわ、ウィズコミック案内係のサラです!』

げっか「へらへら」

げっか
『こんにちわ、ウィズコミック所属作家兼広報部のひいろげっかです。』


サラ おしゃべり
サラ
『今日ははじめての試みなんですよね?』


げっか「フッ」
げっか
『はい、私が作画を担当、ストーリーを社長が担当している
漫画、クリケットボーイの宣伝を兼ねて表紙作成過程を
ブログで紹介することになりました!』



1_2017051420441014d.jpg 

サラ おしゃべり
サラ
『おお、こちらが下書きですね』


げっか「へらへら」
げっか
『クリケットボーイの主人公の妹、
ヒロインといっても過言ではない少女、
セリナちゃんです。』


サラ ご案内
サラ
『今日はこちらが出来上がるまでをご紹介するんですね!』


げっか 「だんまり」
げっか
『ああ、といっても作成するのにいくつか手順があるから
今回では終わりそうもないよ。

とりあえずこんなかんじで利用もしない色鉛筆の陰とかは無視して
雑な鉛筆での線画から先に進むよ。
表紙といってもスピードが大事なのでそれほど時間はかけません。
かけても全体でだいたい3~4時間でしょうか。』


2_201705142044123b5.jpg 


サラ おしゃべり
サラ
『お、ちょっとすっきりしましたね。』


げっか「へらへら」
げっか
『ああ、線画自体は汚いけどな!
今回は厚塗りだけど線画をきっちりしてから
デジタルで色を塗りたいと思っているデジタル不慣れな方にも
使える線画抽出のやりかたをご紹介します。』


3.png 
サラ ご案内

サラ
『お、これがCLIPSTUDIO PROでの作業画面ですね』


げっか「へらへら」
げっか
『そうだ、使用ソフトのステルスマーケットお疲れ様だサラちゃん』


サラ 焦り
サラ
『してませんよ?!』


げっか「フッ」
げっか
『ハハ、ごまかすなよ、お金もらってんだろ?』


サラ 怒り
サラ
『だからそういうのは一切ないですって!!』


4.png 

げっか 「だんまり」
げっか
『さて、この線画を抽出する手順ですが、
まずはこの線画のレイヤーを選択し、
右クリックでこのようなメニューを開きます。


そしてレベル補正を選んでください』


サラ ぼけー
サラ
『ほう』


5.png 
げっか「へらへら」
げっか
『そうするとこんなかんじで操作画面がでてきます。』


jiyf,kjgki 
 
サラ ぼけー
サラ
『操作方法は意外と単純なんですね?』


げっか「へらへら」
げっか
『そうそう、私もコレを知らなかったころは
コントラストと明るさをいじってみたり、
スキャンするときにモノクロでやってみたりしたが
けっきょくガサガサになる現象がね・・・。
レベル補正でやったほうがやっぱりきれいで楽です。』


6.png 
げっか「フッ」
げっか
『こちらが先ほどの画像の手順に従って黒を濃くしたものです』

9.png 
げっか 「だんまり」
げっか
『そしてこれが白を強くしたものです。
つまみを引っ張りすぎるとこうして線画が白飛びしてしまいます。
ちょうどいいところで色合いを調整しましょう。』

10.png 


サラ おしゃべり
サラ
『これが中間をとった感じでしょうか?』


げっか「へらへら」
げっか
『鉛筆だとこんな感じになりますね。
完全に白黒にはなったりしませんが
やらないよりはとてもきれいになります。
ちなみに、インクで線画を作成したものなら
より白黒はっきりつきますよ』


11_2017051420442419f.jpg 
サラ ご案内
サラ
『こちらが今までの手順を済ませたものですね!』


げっか「へらへら」
げっか
『そう、だいぶ最初と比べると見やすくなっているでしょう?
だがコレで終わりではないんだ』


サラ 呆れ
サラ
『え?』


げっか 「だんまり」
げっか
『この状態だと、このレイヤーの下にレイヤーを
作成して色を塗ろうとしたところで塗れないんだ

レイヤーモード乗算で色を塗っている人も
中にはいるかもしれないので、ここで説明します。

*その前に追記です!このレイヤーはラスターレイヤーが
線画の上にひとつ作られている状態ですので、
線がのレイヤーと結合させてください!』



サラ 困り顔
サラ
『ほう』


sfdgsdgfsasfda.png 

げっか「へらへら」
げっか
『まずは下準備です。
書いてあるとおり、すぐに違いが分かるように
レイヤーをひとつ、一色で塗りつぶしておきます。』


dhgmjgsfgsfgsdfg.png 

げっか「フッ」
げっか
『そして上のメニューバーの編集→輝度を透明度に変換
これをするだけです。

すると・・・』


14.png 
サラ 喜び
サラ
『下地が透けました!!』

げっか「へらへら」
げっか

『そう、あとは色を塗っていくだけです。』

16.png  

げっか「フッ」
げっか
『とりあえず下地を適当に塗って
背景の雰囲気も適当に作りました。』

サラ 喜び
サラ

『これから本塗りですね!』

げっか「くわっ」
げっか

『そう、だが私は本塗りはCLIP STUDIO PROではやらない』

サラ 焦り
サラ
『え?!』

げっか「へらへら」
げっか
『という、ほかのソフトをまたがせる方法が
分からない人に簡単な方法を教えよう。』


サラ 困り顔
サラ
『ごくり』

17.png 
げっか 「だんまり」

げっか

『上のメニューのファイルから複製を保存を選び、
その中でも一番下の.psdを選ぶんだ。そして保存。
間違ってもそのひとつ上のビックドキュメントは選ばないこと。
対応してなくて開けなかったりするから』


サラ 焦り
サラ
『ほ、ほう?!違いが良く分かりませんが・・・』

げっか 「だんまり」
げっか
『大丈夫、私も良く分からん』

サラ 呆れ
サラ
『えええ・・・』

18.png 

げっか「へらへら」
げっか
『だがこうして無事にPainterに引き継ぐことができたぞ』

サラ ふーん
サラ

『それはPainterのステルスマーケットですか?』

げっか 「だんまり」
げっか
『ねえよ、金なんて一銭ももらってねえよ。
むしろ5万円出してこのソフト買ったんだよ』


サラ 焦り
サラ
『5万・・・?!』


げっか「くわっ」
げっか
『CLIP STUDIO PROのDL版の約10倍の値段だぜ・・・
ハハハ、もちろんPhotoshopよりは安価だが非常に使いづらい。
最近のモデルになってからフォトショのブラシにも対応するようになったから
書き味重視で安い方外いっていうんだったら買うのもありかもしれない。
だが高いので私はオススメしないのと、
ソフトは無料体験版を十分使いきってから買おうね・・・』


サラ 焦り
サラ
『は、はい』

げっか「くわっ」

げっか
あとこのソフト64bitじゃないと使えないし、
まあまあskyrimとかFalloutとかが使えるゲーミングPCでも重いです。

あとバグが多くてたまにスクロール動かせないしペンカーソルの円がのこります。
先ほどの画像を見ればカラーカーソル付近に複数確認できるでしょう。
PC環境が整っていてお金が有り余っている方は試せばいいと思います。

あと厚塗りしててクリスタのブラシでイライラしてる
アナログタッチお絵かき民にはおすすめです』


サラ 呆れ
サラ
『うわ、すごい不満が噴出してて
勧めてるのか勧めてないのか分からない』

げっか「へらへら」
げっか
『とりあえず今日はこれで終わりだよ!』

サラ ご案内
サラ
『次回は色塗りの続きですね!
閲覧いただきありがとうございました
添削も引き続き募集しておりますので
お気軽にTwitterからお問い合わせください!』

自分だけの資料をつくろう!!

サラ「ご案内」 

サラ
『こんにちわ!ウィズコミック案内係のサラです!』


げっか「へらへら」
げっか
『ウィズコミック所属作家兼広報部のひいろげっかです』

サラ「おしゃべり」 
サラ
『本日はどんなお話を?』


げっか「へらへら」
げっか
『うん、ズバリ絵がうまくなるために心得ておきたい”一番大事なこと”だよ
今回は初心者さんといまいち上達が進まない中級者さん向けのお話なんだ』


サラ「おしゃべり」 
サラ
『なるほど』


げっか「フッ」
げっか
『さて、皆さん絵を描くときは何を一番大事にしていますか?
サラ君答えたまえ!』


サラ「焦り」 
サラ
『え、ええええ?私絵がかけないっていってるのに・・・
ええと、げっかさんがよく言っているのは
楽しんで描く、ってことですよね?』


げっか「フッ」
げっか
『そうだね、それも大事だね。
うまくなるにはまず絵を書くことが好きであることが第一条件だから。
でもみんな絵を描くことが好きだから、上達できなくて悩んでるわけだね』


サラ「困り顔」 
サラ
『そうですね』


げっか 「だんまり」
げっか
『だからそのためには何が一番大事かと言う話を今回はしていくよ。

私はよくこういった言葉を耳にします』


サラ「ぼけー」 
サラ
『ほう?』


げっか「フッ」
げっか
『”うまい人は何も見なくても描ける”』

サラ「ぼけー」 
サラ
『・・・そのとおりでは?』


げっか「へらへら」
げっか
『そのとおりだよ。うまい人は見なくたって
基本的なものは簡単にスラスラっと描いてしまいます。

では、その”うまい人は見なくても描ける”
という言葉に潜んだ罠に皆さん気づいていますか?』


サラ「呆れ」 
サラ
『えっ・・・?』


げっか「へらへら」
げっか
『・・・・初級者さんや、いまいち上達が進まないと
思っている中級者さんはすぐに思い当たらないんじゃないかな』


サラ「呆れ」 
サラ
『なんですか・・・?』



P_20160926_120001.jpg 

げっか「へらへら」
げっか
『・・・ズバリ



”うまい人は見なくても描けるんだから
私も見ないでかけるようにならないといけない症候群”



にかかっていませんか?』


サラ「呆れ」 
サラ
『・・・はぁ、なんですかそれ』


げっか 「だんまり」
げっか
『まあ聞きたまえよ。よく私が耳にし、実際に上達の妨げになる
NGな行動を今回あげさせていただきます。

それは、うまい人のように見なくても描けるようになるため、
なんでもまず最初から見て描かず、
自分の脳みその中で解決しようとする行為だ!

実際こんな絵描きさん同士の会話を耳にしたことありませんか?』







絵描きA
『う~ん・・・なんかいまいち上手くかけないんだよなぁ・・・』


絵描きB
『え、見て描いてる?』


絵描きA
『いや・・・上手い人って見ないで描くじゃん、なんでもすぐ見て描いてたら
考えなくなっていつまでたっても上達しなさそうじゃん』



絵描きB
『あ~・・・たしかに』





サラ「ふーん」 
サラ
『・・・あー、見たことありますね』


げっか 「だんまり」
げっか
『あのね、言います』

サラ「ぼけー」 
サラ
『はい』


げっか「へらへら」
げっか
『君たち手とか顔とか想像上の化け物を描こうとしてるの?』

サラ「呆れ」 
サラ
『・・・・・また辛辣な発言を』


げっか「へらへら」
げっか
『もちろん、こういう努力はすばらしいよ。
たしかに見ないで描く練習も必要なのです、
ですが、それが求められるのはもっと違った用途です』


サラ「おしゃべり」 
サラ
『たとえば?』


げっか「へらへら」
げっか
『たとえば、途切れた写真を模写したとき、
その先を描かないことは

足がどうなっているのか、
どういう体勢で立っているのか

そういうことを考えていないことと同じです。』


サラ「ぼけー」 
サラ
『ほう』


げっか 「だんまり」
げっか
『たとえその写真っぽくかけたとしても
そのモデルさんがしている体勢を
画像が切れたその先まで想像して描けない限り、

あなたはオリジナルの全身図ですら
その体勢を描くことはできません。』


サラ「困り顔」 
サラ
『それはまた・・・厳しい意見で』


げっか「フッ」 
げっか
『実際、想像で描いたあなたのイラスト、地に足が着いていますか?』




P_20160926_120003.jpg 


サラ「呆れ」 
サラ
『・・・・浮いています。』


げっか「へらへら」
げっか
『本邦初、サラちゃんの力作がお目見えになりました
かわいいですね

では、小学生並みの画力を披露したところでお話を元に戻しましょうか』


サラ「へたれ泣き」 
サラ
『・・・・・はい』


げっか「フッ」
げっか
『そういう風になってしまうのは、先ほどいった通り
わからない部分が見つかってもその部分を見て描かないからです。

上手い人がどうして何も見ずに描けるのか

それはわからないところを何度も見つけ、
その部分をしつこく練習しているからです。
サラちゃん、練習してる?』


サラ「困り顔」 
サラ
『・・・してません』


げっか「フッ」
げっか
『してないのに描けるわけがなかろう』

サラ「ふーん」 
サラ
(・・・なんだろう、いますごくイラッときた気がする)


げっか「くわっ」
げっか
『だが、ここで一番の問題だ』

サラ「ぼけー」 
サラ
『なんでしょう』


げっか「くわっ」
げっか
『ほとんどの人がそういうわからない物を見つけたときに、
資料をすぐ参照できない、ファイルを作っていないことだ』



WS000009.jpg 

サラ「ぼけー」 
サラ
『ああ・・なるほど』


げっか 「だんまり」
げっか
『ごちゃごちゃのタンスからほしい服を取り出せたことあるかい?』

サラ「困り顔」 
サラ
『・・・無いです』


げっか「フッ」
げっか
『だから、ここで皆さんに心がけていただきたいことをまずひとつ

”自分だけの参考資料を作ってください”』


サラ「おしゃべり」 
サラ
『ほう!!』


げっか「へらへら」
げっか
『タンスヤクローゼットがごちゃごちゃの人は沢山いるでしょう。
でも、クッキングパパと銀魂とドラゴンボールを
全部ごちゃごちゃに本棚にしまう人っているかな?』


サラ「ぼけー」 
サラ
『そうそういませんね!』


げっか「へらへら」
げっか
『そういうこと!ほしい漫画は読みやすいように、
ナンバーどおりに収録するのに資料の画像は
フォルダごとに仕分けしてないんじゃないですか?』


サラ「困り顔」 
サラ
『なるほど!でも、どんな風に仕分けすればいいんですか?』


げっか「フッ」
げっか
『ではここで特別に私の資料フォルダの様子をお見せしよう』

サラ「大喜び」 
サラ
『なんと!!』


げっか「フッ」
げっか
『でも著作権の問題とかがあるから、
画像にはモザイクをかけるよ!!了承してね!!!』


フォルダスクショ1 
げっか「へらへら」
げっか
『うん、まずはこういった具合にね、ポーズごととか、
描きたい対象をフォルダにまとめているよ』

フォルダスクショ2 
げっか「フッ」
げっか
『アクションのフォルダを開くと、
さらに系統の違うアクションの画像をフォルダ分けしてあります』


フォルダスクショ3 

げっか「フッ」
げっか
『私の筋肉画像フォルダも筋肉といっても
筋肉の系統、ポーズなどで分けて
角度や動きによって変わる筋肉の動きに
すぐ対応できるようにしてあるんだ』


サラ「困り顔」 
サラ
『なんかあの・・・、

資料だというのと著作権の関係で
写せないということはわかっているのですが・・・』


げっか「くわっ」
げっか
『卑猥って言いたいんだろ知ってるよ』

サラ「ふーん」 
サラ
『・・・・・』


げっか 「だんまり」
げっか
『さて、私の場合はですがこうして自分のほしい画像を
すぐに引っ張り出せるように仕分けをしてあります

今のご時勢、インターネットを駆使すれば
いろんな写真が無料で手に入ります

それを利用しないのは勿体無いです。』


サラ「おしゃべり」 
サラ
『そうですね!皆さんもぜひ
自分だけのイラストの資料を作ってみてください!!』


げっか「へらへら」
げっか
『それでは、おつかれさまでした!!!』

プロフィール

wizcomic

Author:wizcomic
ようこそ!
ウィズコミックは世界中の人々に
日本の作家様の作品を読んで頂くべく
コミックアプリを開発をしています!

あなたの書いた漫画を
海外の人々に読んでもらいませんか?

世界に羽ばたく漫画家さんたちを
募集しています!!

メールフォーム

カウンター

ご来訪ありがとうございます

検索フォーム