サラ ご案内

サラ

『こんにちわ、ウィズコミック案内係のサラです』






アカサカヨソラ様

『こんにちは、アカサカヨソラです』





サラ おしゃべり
サラ

『本日は以前記事でもご紹介したこの漫画の作家様、

漫画紹介!『4MIX』

アカサカヨソラ様へのインタビューです!


はじめまして、今日はよろしくお願いいたします!』





アカサカヨソラ様

『よろしくお願いします』





サラ ご案内
サラ

『もし、自分の入りたい部活が無かったら、どうする?

そんなの、作るにきまってる!!



と始まったこの作品ですが、主人公が虫好き、

ほかの部活の仲間も合気道、茶道、読書好きとバラバラなんですよね』






アカサカヨソラ様

『そうですね。あと、茶道じゃなくて着物ですが…
どれも私の趣味で選ばせていただきました』



サラ 焦り
サラ

『わわ、突然間違えてすみません!失礼しました!』




 

 

1_20170611203726b94.jpg 
2_20170611203730f2f.jpg 

3_201706112037275a9.jpg 
  

 


サラ おしゃべり 

サラ

『虫全体が好きな主人公と、その他のメンバーとでは

虫に対する価値観の差が面白いポイントですよね』






アカサカヨソラ様

『虫好き女子はまだまだ少ないですからね~』






 4_20170611203729dfb.jpg



サラ 喜び

サラ

『今回ピックアップした画像は着物を選びに行く話です。

何気によく知らない世界で、こんなかんじなんだーと興味深かったです!』








アカサカヨソラ様
『皆さんプロなので、コミュニケーション能力高いです』





5_20170611203730763.jpg  



6_20170611203944d39.jpg  



7_20170611203734218.jpg




サラ 困り顔 

サラ

『あっという間に試着させられて主人公も困惑してますね。

これも店員さんの手腕・・・ということでしょうね、ひええ・・・

この流れからの素敵な笑顔もちょっと怖いです』



げっか「へらへら」


げっか

『君も着物といったら謎だけど着てるじゃんよ。

服どこから調達してんのそれ

ちなみに私はアパレルでも何でも店員が近寄ってきたらすぐ逃げるぜ・・・』



サラ 焦り


サラ

『わっ?!げっかさんいつの間に?!!』



げっか 「だんまり」


げっか

『いや、ちょっと顔を出しておきたくて・・・

どうも、初めましてです、げっかです。

あの・・・・この話、好きです』




サラ 呆れ

サラ

『いや、出てきたと思ったらファンが芸能人に

握手ねだりに行く流れじゃないですか、何をしに来たんですかお帰りください』




 げっか「くわっ」

げっか

『はいはい、帰りますよ~(チッ)』




サラ おしゃべり


サラ

『なんか乱入してきましたが、ずばりこの漫画の

アピールポイントやこだわった所、好きな所、

これからどんな展開にしていきたいのかなどなど



・・・お伺いしてもよろしいでしょうか?!』








アカサカヨソラ様

『1話の中で一度ぐらいクスッと笑っていただけたらいいなぁ~
…という思いで描かせていただいてます。

少しずつキャラクターの私生活とかオープンになっていったらいいなと考えています』





サラ ご案内
サラ

『なるほど、今日はインタビューにお答えいただきありがとうございました!

今後の活躍をウィズコミックス全体で応援しています!』

ウィズコミック作家インタビュー 『美穂煮込みうどん様~マジカル☆スパイス~』

サラ「ご案内」

サラ
『こんにちわ!ウィズコミック案内係のサラです!
本日は、”マジカル☆スパイス”の作者である
美穂煮込みうどん様にお話を伺いたいと思います!』



美穂煮込み自画像-2
美穂煮込みうどん様
『こんにちは~美穂煮込みうどんです
マジカル☆スパイスを描いていますよろしくお願いします!』


サラ「大喜び」
サラ
『インタビューに対応していただいてありがとうございます!
マジカル☆スパイスは女の子にとても力が入った
ちょっと(?)えっちで可愛い作品ですよね!!
ヒロインの女の子が特に!』


画像1

美穂煮込み自画像-3 (1)
美穂煮込みうどん様
『わーいありがとうございます―!
ちょっぴりエッチで可愛いを愛をこめて描いているので
特に力入れて描いている女の子を気に入ってもらえたら
すごく嬉しいです~!』



画像2

サラ「おしゃべり」
サラ
『主人公はインドの少年ということなのですが、
ひょんなことから日本に移住することになるんですよね』


美穂煮込み自画像
美穂煮込みうどん様
『そうですね、ひょんなとこから
可愛いヒロイン達とひとつ屋根の下で
一緒に暮らすところから始まるので主人公が羨ましいですね。
私も可愛いヒロイン達と一つ屋根の下で暮らしたい(笑)』



画像3 画像4dfghda

サラ「焦り」
サラ
『主人公の作ったカレーを食べると
ヒロインがこんな感じになるわけですが・・・
この変化はいったい?!!
と最初思いましたよ~』


美穂煮込み自画像
美穂煮込みうどん様
『ふふふ~その謎は後々に解明されていくとおもうので
楽しみにしていて下さい~』



画像5 画像6

サラ「大喜び」
サラ
『その後のこの可愛いというか、
セクシーな表情がとてもたまりませんよね!』


美穂煮込み自画像-3 (1)
美穂煮込みうどん様
『ありがとうございます―!
とびっきり可愛く抱き締めたくなるような表情するのが
たまらなくて描いているので
こちらも描いててとても楽しいですー!』



画像7 画像8

サラ「おしゃべり」
サラ
『美穂煮込みうどんさんといえば、女の子!
というイメージですが、男の子もかなり素敵ですよね!!
特にお気に入りのキャラクターは誰でしょう?』


美穂煮込み自画像
美穂煮込みうどん様
『そうですね…特にお気に入りはクマルですね!
お金持ちなのですが、おバカで色々やらかしてくれるので
黙っていればいい男なのに残念な感じが逆に愛おしいです(笑)』


サラ「ご案内」
サラ
『なるほど!今日はありがとうございました!!』

美穂煮込み自画像-3 (1)
美穂煮込みうどん様
『こちらこそありがとうございました!
ちょっぴエッチなマジカル☆スパイスを
皆さんに楽しんで頂けたらうれしいです!』

作家インタビュー 『~ガネーシャパワー~ 黒澤クロム』

サラ「ご案内」
サラ
『はじめまして!ウィズコミック案内人のサラです!
今日はガネーシャパワーの取材をさせていただきます!

ガネーシャパワーはアクションが魅力!
すばらしい世界観を描きだした作者様にお話を伺いたいと思います。』




黒澤クロム様
『こんにはー、黒澤クロムです!
ガネーシャパワーという作品を描いています!』




ガネーシャ画像1 


サラ「おしゃべり」
サラ
『この羊狩りのシーンのコマ割りは素敵ですね!
主人公を描き出すのにあたり心がけたことは?』



黒澤クロム様
『最初は主人公が狩りをするシーンだったので、
自分の中で狩りをするイメージを考えた場合に、まずインドでの
一般的な狩りのイメージを情報収集しようと思いました。

その中で、出てきたのが弓矢での狩りだったので、
なるべくそれを忠実に再現しようとしていました!』





ガネーシャ画像2 


サラ「大喜び」
サラ
『この熊の存在感といったら!
コミカルですが、とってもリアルに感じますね』



黒澤クロム様
『はい!もともとモンスターのデザインが好きで、
幼少の頃から、想像しながらモンスターの絵をよく描いていました。』




ガネーシャ画像3 

サラ「おしゃべり」
サラ
『ヒロインや敵キャラクターの表情もとても豊かですね』




黒澤クロム様
『表情の影響はディズニーアニメが原点だと思います。
当初、表情の描くことに重要性を深く気にしていなかったのですが、
美女と野獣のメイキング動画をみた際に、一つの表情を描く上で、アニメーターが自分の表情を
参考にして絵を描いている姿に感銘を受けたのを覚えています。』



ガネーシャ画像4 


サラ「おしゃべり」
サラ
『注目のアクションシーンですが、とても迫力がありますね!
参考にされたものなどあるのでしょうか?』




黒澤クロム様
『これは、やっぱり香港映画ですね。
ジャッキー・チェンが特に好きです!あのカンフーの早い動きは
本当にかっこいいと思いました!
あと、もともと格闘技が好きで試合を良く見てました。
YouTubeでの格闘技に関係する動画も
参考として見ることが多いですよ(^^)』




サラ「ご案内」
サラ
『なるほど~、
さて、ここからは原作者の信清さんとの対談です!』
 




原作
『ガネーシャパワーの連載開始おめでとうございます。
ガネーシャパワーで一番好きなシーンはどのシーンでしょうか?』
 





黒澤クロム様
『この質問は少し恥ずかしいですね(汗)
自分で自分の描いたもので好きな所をいうのは、ちょっと照れます(照)
         
酒場でブラックが、ハンターに絡まれている時に、
ハンターに不敵な笑みで切り返すシーンが好きです!』





原作
『ブラウンが裏拳でハンターを吹っ飛ばすシーンがあるのですが、
とても迫力があって、好きですね。
ガネーシャパワーで一番好きなキャラクターは誰でしょうか?
また、どんな所が好きでしょうか?』





黒澤クロム様
『ブラックです!とても残酷なキャラクターの設定なのですが、

相方のブラウンに対しては、人間味ある仕草を見せたりする所。
あとサファイアも好きです!

サファイアはシルバーに一途な想いを寄せていますが、
一途過ぎて、シルバーのためには、どこまでも残酷になれる所が、
究極な女の子って感じで可愛い!』




原作
『ブラウン。純粋に戦いが好きな所。
まだ出てきていないけどプルートは好きになると思う。
ガサツなんだけど、憎めないキャラにしたい。』





サラ「ご案内」
サラ
『お二人とも取材に答えていただきありがとうございました!!
今後もウィズコミックのガネーシャパワー、お楽しみに!!』

『クリケットボーイ (Cricket Boy) 』の人物紹介!

こんにちわ!
ウィズコミック所属作家兼、広報部のひいろげっかです!!




今回も前回に続いて、インドの国技であるクリケットを題材にしたマンガ、
『Cricket Boy(クリケットボーイ)』をご紹介させていただきます!!




『Cricket Boy(クリケットボーイ)』は、インドを舞台に
貧困層や富裕層の少年、青年たちが同じチームで勝利を求めて一致団結して戦う
登場人物1人1人が主人公のようなマンガです!


まずは主人公サイドのキャラクター紹介です!


xx256.jpg


アジト

今作で特に注目の主人公です!

彼は両親の他界によって、妹を養いながらまだ若いにも関わらず
必死に他人以上に仕事を頑張っているとても心優しい少年です。

貧しい暮らしを余儀なくされ、妹のために自分のことを諦めて
過ごしてきた彼に、ある日クリケットとの出会いが訪れます。
このクリケットととの出会いが彼の人生を大きく180度別の方向へ変えていきます!


xx258.jpg

モハメッド

今作でアジトと並んで注目して欲しいキャラクター!
青年クリケットリーグのチームである『ホワイトタイガース』のボウラーにしてキャプテン。
優しく正義感の強い性格で、アジトがクリケットを始めるきっかけになる人物です。

父はIT企業の取締役という裕福な家庭に生まれ育つ。
彼の父はクリケット場のオーナーの1人であるというくらいのリッチぶりですが、
モハメッドがプロを目指していることは反対しており、
モハメッドは理数系のエリート教育を受けながらクリケットと両立させてきました。

今回の大会を最後にプロテストを受けて、
ダメであれば父親と同じ会社に就職することを約束している。

xx257.jpg

スニール

ホワイトタイガースのオールラウンダー。
性格は勝ち気で短気でわがまま。

器用で一生懸命ですが、体格の小ささやパワー不足で強豪チームには一歩及ばず
実力差を見せつけられ、落ち込んだり傷ついたりとなかなか大変な感情豊かな少年です。
でも何事にも一生懸命で取り組む姿は誰の心にも響くものがあります。

そんなキャラクターです。

xx260.jpg

ソーラブ

ホワイトタイガースのウィケットキーパー
落ち着いて優しい、縁の下の力持ち。

モハメッドと並んでチームの大黒柱のような存在、
モハメッドとは幼なじみで、ずっと一緒にクリケットをしてきた仲です。
4人兄弟の長男で、面倒見がよく友人からもよく頼られる存在です。

xx259.jpg

ムラリ

ちょっとチャラいような見た目のホワイトタイガースのバッツマン。
ボウラーやフィールダーとしてもなかなかのセンスを見せつけます。

大ざっぱで楽観的で基本的にかなーり軽いのですが、
意外にもモハメッドよりも現実的な意見を言う場面も・・・

チームへはホワイトタイガースが急なメンバー不足で助っ人に名乗り出て、
その試合で活躍したのがきっかけで入団したようです。



さてさて、少し興味を持っていただけましたでしょうか??

ウィズコミックは今年アプリのリリース予定!



肝心のクリケットボーイの原稿は・・・私の腕の不調などで少し停滞しておりますが、
なんとかやりとげます!!


今回の挿し絵はブログのために書き下ろしてみました!
落書き程度のクオリティではありますが
原稿より下手すれば魅力的かもしれない・・・・どうしよう・・・・。


現在5話まで完成しておりますが、巻き返します!!!

それではアプリリリースをお楽しみに!!

クリケットボーイ (Cricket Boy)

こんにちわ!
本日は漫画のご紹介です!


クリケットボーイ(Cricket Boy)
sgfsdgfsaga.jpg

以前も紹介いたしましたが、
本日は主人公の生い立ちについて解説していきます!


主人公はアジトという少年。
インドでは貧困層にあたります。

アジト

アジトには妹がいますが、両親はもう他界していて二人を養ってくれる大人がいません。
アジトは妹と、両親が残した家で二人共同生活をしていました。
116.jpg

アジトは妹を養うために毎日汗水を垂らして働いています。
両親の残した家は中流層が多く住む住宅街にあるがために、
時折、貧乏人と馬鹿にされ、アジトも妹も毎日一生懸命我慢して生きてきました。

生きていくために辛い肉体労働を人の倍働き、
時には雇い主の理不尽な体罰にも耐えながら生きてきました。



この日もアジトはきつい労働を強いられ、
とあるクリケット場の芝刈りの仕事4人分を一手に引き受けていました。

そこへ雇い主がやってきて、晩からはじめて朝までに終わらなかったことに
腹を立て、怒鳴りつけられます。
214.jpg

『そうはいっても、ここの芝はとても固くて力がいるんだ!』

と、アジトは必死の抵抗を見せますが、
口ごたえをした罰として殴られそうになります・・・
215.jpg


そしてそこへ救いの手が!!

216.jpg

彼の名はモハメッド。
ホワイトタイガースというチームのキャプテンです。
炎天下の試合の傍らで行われていたアジトのあまりにも過酷な業務と
行き過ぎた指導にしびれを切らしたのでした。

301.jpg

最初はアジトの雇い主もお前は関係ないだろう!と反発して見せますが、
なんと、モハメッドの父親はクリケット場のオーナーの一人で、今回の芝刈りの依頼人だった!
303.jpg

痛いところをつかれた雇い主は、

『働かなくて金がもらえなくて困るのはこいつだ。
こいつは親もいないし妹も養わなきゃいけないんだからな』

と、アジトも困った様子です。

ところが


『彼をこれからうちのチームの助っ人として雇う。
今日の金はうちから出そう』


モハメッドは働き詰めでクリケットなんて一度もやったことの無い
アジトを助っ人に雇うと宣言してしまったのでした。

309_201602151353392c4.jpg


ひょんなことからまさかの助っ人としてチームに参加することになってしまったアジト
もちろんそう言ったからといって試合に参加させる必要はないのですが、

『もし試合に参加しなかったら、アジトに草刈りの続きをやらせるからな!』

と息巻いているのですからさせないわけにもいきません
さあ、このあとアジトはどうなってしまうのでしょうか!!

アプリ配信までお待ちください!!

プロフィール

wizcomic

Author:wizcomic
ようこそ!
ウィズコミックは世界中の人々に
日本の作家様の作品を読んで頂くべく
コミックアプリを開発をしています!

あなたの書いた漫画を
海外の人々に読んでもらいませんか?

世界に羽ばたく漫画家さんたちを
募集しています!!

メールフォーム

カウンター

ご来訪ありがとうございます

検索フォーム